• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

「オタク」であり「フェミニスト」な人が葛藤を克服する方法(1,759字)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「オタク」であり「フェミニスト」な人が葛藤を克服する方法(1,759字)

2020-06-30 06:00
    客観的に見て、今の日本は「男尊女卑」ではない。例えば、寿命が短いのも自殺者が多いのも孤独死が多いのも男性の方だ。それだけ、日本では男性が生きにくい。だから、むしろ女尊男卑である。男性の方が差別されている。

    一方、女性が全く差別されていないということもない。だから、両者ともに差別されているというのが正しいだろう。割合的には、これは正確な数が出せるわけではないが、体感的には6:4か7:3で男性の方が差別されている。

    だから、実は授かった子供が女性だと分かったとき、かなりホッとした。なぜなら、男性より生きやすいと感じたからだ。これは、思わず思ってしまった本心である。

    ところで、先日、次の記事が炎上していた。


    書いたのは慶応の院生である中村香住氏だが、自分の立場を「オタク」兼「フェミニスト」と規定し、そこからの立場で書いている。

    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。