• このエントリーをはてなブックマークに追加
マンガの80年代から90年代までを概観する:その22(1,622字)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

マンガの80年代から90年代までを概観する:その22(1,622字)

2021-09-16 06:00
    最近は、マンガのことばかりを考えている。

    マンガとは何か?
    なぜ、マンガという表現形態が日本で成立し、社会の中で大きな地位を占めるようになったのか?

    おそらくは、日本文化独特の、子供が強いられる「窮屈さ」に原因があった。
    日本は、国土が狭い割に食料と水が豊富で、暮らしやすい。
    おかげで、人口が増えやすい。だから、いつでも子供が多かった。

    そのため、子供は「狭いところで暮らす」ということが当たり前になった。つまり、いつでも窮屈だった。そうして、「狭いところで上手に暮らす文化」が育まれた。これによって、狭いところで暮らすことはますます当たり前になり、それを解決するソリューションはいつでも求められるような土壌が醸成された。

    戦前・戦中は、この物理的な窮屈さに国全体の「謹慎状態」が加わって、さらに息苦しくなった。「謹」と「慎」は、両方とも「つつしむ」と読む。つまり、ものごとをおろそかにせず、丁寧に
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。