• このエントリーをはてなブックマークに追加
偽物の個人時代:その20(1,670字)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

偽物の個人時代:その20(1,670字)

2023-12-07 06:00
  • 1
今の若者には佐田啓二が必要だ。なぜかというと、そこには今の時代に必要な(あるいは欠けている)、一つの「立ち振る舞い」というものがあるからだ。

ところで、佐田啓二は小津安二郎に多用された。また小津安二郎は、未来に対して鋭敏な感覚を持っていた。彼の作品群は、どれも作られてから60年以上経過するが、驚くほど現代的――つまり当時にとっては未来的な価値観に満ちている。

小津は、「脱近代」というものに対する深いこだわりがあった。中でも晩年のカラー作品には、「近代」への疑問がそこここに投げかけられている。

例えば『秋刀魚の味』には、当時豊かさあるいは新時代の象徴だった「会社」「工場」あるいは「団地」に対する微細な違和感が綴られている。それは目をこらさなければ見えないほどに小さなものなのだが、それらへの否定的な価値観が、暗喩的に発露している。

また『お早う』でも、プレハブ住宅に同種の違和感を投げかけている
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

コメント コメントを書く

すごく面白い。ワクワクさせられる

No.1 2ヶ月前
コメントを書く
コメントをするにはログインして下さい。