• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

[連載第34回]「もしドラ」はなぜ売れたのか?「唯一の奇跡(後編)」(2,274字)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

[連載第34回]「もしドラ」はなぜ売れたのか?「唯一の奇跡(後編)」(2,274字)

2013-06-13 06:00
    上田先生は、こんなふうに話し始めた。

    「ぼくはねぇ、その日、碁会所に行くつもりだったんですよ。それで、途中の電車の中でこれを読もうと思って、鞄に放り込んでおいたわけ。ところがねぇ、読み始めたら止まらなくなちゃって。それで仕方なく、喫茶店に入ったんですよ。それで、ご飯を食べながら続きを読んだわけ。そうしたら結局、最後まで読んじゃって。それで結局、その日はそのまま家に帰っちゃったんですよ」

    ぼくは、上田先生のお話の意図するところが、ぼんやりとではあるが理解できた。しかし、それはにわかには信じがたいことだったので、何も言わないでおいた。
    すると、座は一旦しんと静まった。どれだけ沈黙が続いただろうか。誰も口を開こうとしなかったから、仕方なく上田先生が、こうつけ加えられた。

    「つまり、それだけ面白かったってことなんですけどね」

    それで、ぼくと加藤さんは顔を見合わせた。それから、加藤さんが次のような質問をした。
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。