• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

週末に見たい映画#39「未来少年コナン」(2,594字)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

週末に見たい映画#39「未来少年コナン」(2,594字)

2013-11-08 06:00
    今回は、映画ではないが宮崎駿監督が初めて「監督」をつとめた、テレビシリーズ「未来少年コナン」を取りあげたい。この作品は、1978年にNHKで半年間、全26回にわたって放送された。

    011398c98fabd6df8ad90417520b5d4783f09367

      未来少年コナン Blu-rayボックス

    よく「その作家の全ては処女作に現れる」というが、「未来少年コナン」も、宮崎監督にとってそのような作品となっている。そのためこの作品は、宮崎監督を知るうえでは欠かせないものとなっているのだが、それと同時に、宮崎監督の他の作品を理解するうえでも大きな助けとなっている。

    「未来少年コナン」において、まず何を置いても際立っているのが「キャラクター」である。
    主人公のコナン、ヒロインのラナ、コナンの仲間ジムシー、ラナの祖父ラオ博士、コナンの上司ともいえるダイス、ダイスのライバルであるモンスリー、モンスリーの上司レプカなど、いずれも、後の宮崎アニメに登場したさまざまなキャラクターたちの原型
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。