• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

週末に見たい映画#40「赤ひげ」(2,117字)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

週末に見たい映画#40「赤ひげ」(2,117字)

2013-11-22 06:00
  • 4
「赤ひげ」は美しい映画である。黒澤明監督が脂が乗りきっているときに作った、最高傑作の一つだ。
上映時間は185分と長いのだが、見ていて飽きない。
いや、実は初めて見たときは途中でちょっと飽きたところがあって、眠さをこらえながら見ていたからあまり好きにはなれなかったが、後年見返したときその真価に気づかされ、今では黒澤映画の中でも一、二を争うほど好きになった。

そこで今回は、「赤ひげ」の魅力と、その正しい楽しみ方のようなものを書いてみたい。


「赤ひげ」というのは、加山雄三演じる保本という若い医師が、さまざまなできごとを通して成長していく成長譚である。しかし、主役はこの保本というわけではなく、保本が師事する新出というベテラン医師だ。この新出、ひげが赤いことから「赤ひげ」と呼ばれているのだが、これを三船敏郎が見事な演技で演じているのである。

保本はエリートで、もともとは幕府に召し抱えられることになっていたが
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

×
ハックルさんの深い洞察力でいろんな事柄をこんなふうに分析したものをテキストで読めるブロマガが他のブロガーさんと違った方向性で好きなところです。赤ひげ久しぶりに見直してみようと思いました。
75ヶ月前
×
今、居酒屋でマイケルジャクソンのビリージーン流れてるんですけど、最近のハックル文、、躍動感が減ってますよ。

天才の看板立てて口上のべるハックルさんは小学生の時の遠足で見た筑波のガマ油の口上と同じくらい好きですよ。
74ヶ月前
userPhoto
岩崎夏海
×
>>1
ありがとうございます。
映画の見方を考えるのは、ぼくにとってとても好きなことの一つなんです。
74ヶ月前
userPhoto
岩崎夏海
×
>>2
ありがとうございます。
躍動感が減るのは、おそらくバイオリズムの関係かと思います。体はいつも一定ではありません。そのときの体調に合わせながら、できる限りの文章を書いていくことがだいじで、躍動感は必ずしもいつもあればいいというものではないと考えています。
74ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。