• このエントリーをはてなブックマークに追加
ブロマガ配信小説『カエルの楽園』第十六回
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ブロマガ配信小説『カエルの楽園』第十六回

2016-01-22 07:00
  • 7

【皆さんにお願い】
この作品の著作権は百田尚樹にあります。したがって、このテキストを作者に無断でネット上にアップしたり、メールで拡散したりする行為は、著作権法違反にあたります。くれぐれもそのような行為はお慎み下さるようお願いいたします。
※(著作権を故意に侵害した者は、一〇年以下の懲役または一〇〇〇万円以下の罰金に処せられます)





『カエルの楽園』第三章
 
   
   6

 二日後の朝、草原の広場において、ナパージュが「三戒破棄」を認めるかどうかの全ツチガエルによる採決が行なわれることになりました。
 その日は雲ひとつない快晴で、朝からうだるような暑い日でした。それでも病気やケガやその他の事情で来られないツチガエル以外は皆、参加しました。ピエールたちが「自分たちも採決に参加させろ」と主張したようですが、それは認められませんでした。
 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

×
ここからは将来を見通す展開・・・期待が高まります。
52ヶ月前
×
今週も配信ありがとうございます。

国民投票の結果はまさかの否決でしたね…
なんだかんだ言っても、ナパージュの良識派が勝つと思っていただけに本当に驚きました。

しかも年寄り世代は三戒破棄反対とは…まるで去年の大阪都構想住民投票のようですね。

なんだかんだで大阪の良識派が勝つと思っていたら、年寄り世代や貧困層や生活保護者層が上回って否決になってしまいました。
民主主義というシステム自体に凄く疑問を感じつつ、イチ大阪人として本当に悲しくなったのを覚えています。

そしてナパージュ…
対案無き反対がどんな結果をもたらすか全く考えてないんですね???
そして案の定…本当に案の定の結果ですね。

ここから先は悲惨な結果が待っているのでしょうが、キチンと結末を見届けさせてください。
52ヶ月前
×
非常に恐ろしいです。
日本の未来がこのようにならないようにと思います。
52ヶ月前
×
と、ここまではある程度予想通りの展開でしょうか。三戒、三戒と楼閣の御旗を議論している間に、そんなことを超越した暴力装置が押し寄せてくるという悲喜劇にたまらなくなりますね。百田さんの結末展開が楽しみです。
52ヶ月前
×
ガルディアン良いですね~
自分達は否定するけれど、自分たち以外は信用するって・・・
こんなトンチンカンな人たちが日本にもまだまだ多いのに驚きます。
本当にこの小説を出版してほしいです。無理なの?
52ヶ月前
×
次回死の宴がはじまってしまうのですね!わかります!(かってな決めつけwww)
いや、次回はほんと楽しみです。どんな蛙描写がみれるのか期待してます!緩急つけて焦らされのも良し。スカッと混沌へ突入も良し!ワクワクです!
52ヶ月前
×
書籍化おめでとうございます!早速ですが、予約いたしました!
先生、良かったですね。本当に良かったですね。
52ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。