• このエントリーをはてなブックマークに追加
Vol.041 結城浩/フロー・ライティング/最初はいっしょに/文章添削/
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

Vol.041 結城浩/フロー・ライティング/最初はいっしょに/文章添削/

2013-01-08 07:00

    結城浩の「コミュニケーションの心がけ」2013年1月8日 Vol.041

    はじめに - Webリニューアル

    おはようございます。結城浩です。 いつも結城メルマガのご愛読、ありがとうございます。

    早いもので、元旦から一週間が経ちました。 昨日の1月7日(月)が仕事始めだったという方も多いのではないかと思います。 年末年始はいかがでしたか。

    結城はこの年始はおとそも飲まずに自分のWebページをあちこち直していました。 昨年末に家内から「あなたのサイトは文字ばかり多くてつまらない」という 指摘を受けたのが影響しています。

    画像を多くして、説明文が必要以上に多くならないように、 情報のメリハリをつけるようにしてみました。 たとえば、以下のページなどです。

     ◆結城メルマガ
     http://www.hyuki.com/mm/

     ◆画像を入れて文章を少なめに

    2013-01-08_webpage1.png

    結城のサイトはいわゆるCMS(Content Management System)のようなソフトは 使わずに、すべて手でHTMLやCSSを書いています。効率が悪いといえば悪いの ですけれど、何となく直接HTMLに触れていたいという気持ちがあるからです。

    正確にいえば、HTMLを直接書いているわけではなく、 自分でMakeWebというWebページ記述言語を作って、 それを自作のPerlスクリプトで 静的なHTMLに変換してそれをサーバにアップしています。

     ◆MakeWeb
     http://www.hyuki.com/makeweb/

    現代でいえばMarkdownという言語に似ているやり方ですね。

     ◆Markdown
     http://daringfireball.net/projects/markdown/

    自分のサイトのHTMLを書いた後、他のサイトをながめてみると、

     「このサイトはどうやって書いているのかな」
     「このサイトは美しい」
     「このサイトは使いにくい」

    のような感想を抱くことが多くなりました。 つまり、単なるWebサイトの訪問者ではなく、 Webサイトの作成者としての視点でWebサイトを見ることになるからでしょうね。

    いま気づいたのですが、 結城のWebサイトは自分にとって重要な商売道具の一つになるわけですから、 きちんとデザイナーさんにデザインしてもらった方がいいのかもしれませんね。 でも、うーん……(思案中)

    さて、それはともかく、結城メルマガを始めましょう!

    目次

    • はじめに - Webリニューアル
    • フロー・ライティング - はじめの一歩はおずおずと
    • 本を書く心がけ - ライティング『フロー・ライティング』
    • 教えるときの心がけ - 最初はいっしょに
    • Q&A - 文章添削
    • 次回予告 - ニコニコチャンネルで気づいたこと
     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。