• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

Vol.168 結城浩/数学ガールの特別授業(ICUHS編)(1)/どんなふうに生きていこうか/いつもと違う選択をする週/
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

Vol.168 結城浩/数学ガールの特別授業(ICUHS編)(1)/どんなふうに生きていこうか/いつもと違う選択をする週/

2015-06-16 07:00
    Vol.168 結城浩/数学ガールの特別授業(ICUHS編)(1)/どんなふうに生きていこうか/いつもと違う選択をする週/

    結城浩の「コミュニケーションの心がけ」2015年6月16日 Vol.168

    はじめに

    おはようございます。 いつも結城メルマガをご愛読ありがとうございます。

     * * *

    講演会の話。

    先週の結城メルマガで「国際基督教大学高等学校(ICUHS)」 で講演会をした話をちょっと紹介しました。

    今週から、そのときの講演を文章に起こして、 結城メルマガで連載いたします。題して、

     「数学ガールの特別授業(ICUHS編)」

    です。数回に分けてお届けすることになります。 どうぞお楽しみください。

    なお、過去の「数学ガールの特別授業」は、 以下のページにまとめてあります。

     ◆数学ガールの特別授業
     http://www.hyuki.com/girl/lesson.html

     * * *

    未来大の話。

    講演会といえば、 結城は三年前に「公立はこだて未来大学」で講演会をしました。

    ちょうど先日、以下のビデオを教えていただいたのでご紹介。 公立はこだて未来大学のバーチャルツアーです。 ご存じない方はぜひご覧ください。 まるでSF映画みたいなキャンパスですね。

     ◆公立はこだて未来大学バーチャルツアー
     https://www.youtube.com/watch?v=FIVITZaZen8

    ここでの講演会は、

     ◆『数学ガールの誕生』
     http://www.hyuki.com/girl/birth.html

    という書籍になりました。

     * * *

    組み合わせの話。

    結城は見ていないのですが、テレビで、 「四桁の暗証番号の組み合わせは十万通り以上ある」 なんてことを言っていたそうだ。

    もちろんこれは計算違い。 暗証番号の一桁が0,1,2,3,4,5,6,7,8,9の十通りあるとすると、 四桁なら、

     10×10×10×10 = 10000

    とちょうど一万通りになる。十万通りは多すぎます。 掛け算の理屈がわからない人でも、

     0001, 0002, 0003, 0004, ...

    と順番に暗証番号を作っていけば、 最初の0001から9999までで九千九百九十九通りあって、 もう一つ 0000 があるので全部で一万通り作れることがわかるでしょう。

    と、ここまで考えて、簡単な算数の問題を作ってみました。

     【問題】
     ある星の暗証番号は数字四桁で「104976通り」
     の組み合わせがあるという。
     この星の数字一桁は何通りか。

    つまり、もとのニュースを誤りだというのではなく、 もとのニュースの説明を「正しい」と仮定した場合、 数字一桁は十通り以上あるはず。それは何通りか。 と、そういう問題ですね。

    答えは目次の前に!

     * * *

    Web連載の話。

    先日、結城がCakesで行っているWeb連載「数学ガールの秘密ノート」が、 第120回を迎えました。みなさんの応援を感謝します! 連載が10回を迎えるたびに数週間のお休みをいただいており、 次回の更新は2015年の7月3日になります。

    連載が10回を迎えるたびにお休みをいただいているのは、 頭のリフレッシュのためもありますし、次の10回のテーマ探しの意味もあります。 このWeb連載は10回分で一冊の単行本にしていく予定なので、 だいたい10回ごとにまとまるように構成しているのです。

    先日終了した第111回〜第120回までは「行列が描くもの」というテーマでした。 高校から行列が外されるということもあって、どうかなあと思っていましたが、 想像よりも反響が多かったので、やってよかったと思いました。

    次の10回のテーマはいくつか考えているのですが、 まだ「これ」とは決まっていません。 もしなにかよいアイディアがあったら教えてくださいね。

     * * *

    書籍刊行の話。

    そのWeb連載は毎年二冊のペースで書籍化しています。 これまでに五冊書籍化しており、今後の予定と題材は次の通りです。

     2015年秋「ベクトル」
     2016年春「場合の数」
     2016年秋「指数と対数」
     2017年春「踊る曲線」
     2017年秋「不等式」
     2018年春「ビットとパターン」
     2018年秋「行列が描くもの」

    と書き上げていつも思うのですけれど、 Web連載のペースが書籍刊行のペースよりも早いために、 だんだんストックが多くなってしまっていますね。 それに「来年のことをいえば鬼が笑う」というのに、 「2018年秋」なんて話をしていていいのでしょうか。 ともあれ、一冊一冊ていねいに作っていきますよ〜!

    本編(数学ガール6)もがんばって書いていますが、 「数学ガールの秘密ノート」シリーズもよろしくお願いします!

     * * *

    さて、それでは今週の結城メルマガを始めます。

    今回の結城メルマガは「数学ガールの特別授業」シリーズの第三弾として、

     「数学ガールの特別授業(ICUHS編)」

    の第一回目をお送りします。 先日結城が国際基督教大学高等学校(ICUHS)で行った講演を、 読み物形式にしたものです。 「問題と解答」という概念を軸にして、 数学に限らない「考えること」や「学ぶこと」の意味を問いかけます。

    どうぞ、ゆっくりお楽しみください!

    あ、そうだ。先ほどのクイズの答え。

     【問題】
     ある星の暗証番号は数字四桁で「104976通り」
     の組み合わせがあるという。
     この星の数字一桁は何通りか。

     【解答】
     18通り。
     18×18×18×18 = 104976通り

    もともと、10通りより多いのはすぐ分かりますし、 あとは順番に11, 12, 13 ,... で試せばいいことです。

    直接計算したければ、4乗して104976になる数を求めるので、 電卓を使って、

     104967 √ √

    と入力すれば求められますし、 Googleの検索窓に、

     sqrt(sqrt(104976))

    と入力しても求められます。

    ある方は、104976は偶数で3の倍数だから、 結局6の倍数だけ試せばいいと考えて、 すばやく18にたどり着いたようです。

    ちょっとした問題でも、いろんな解き方ができるものですね。

    では、結城メルマガをどうぞ!

    目次

    • はじめに
    • 数学ガールの特別授業(ICUHS編)(1)
    • 他人を馬鹿にする心理
    • どんなふうに生きていこうか - 仕事の心がけ
    • 五つのパンと二ひきの魚
    • いつもと違う選択をする週 - 仕事の心がけ
    • おわりに
     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    次回配信予定
    • 2021/06/15
      Vol.481 結城浩/本は紙か電子か/試験で平常心/ソフトウェア開発は何が特殊か/もっとも役に立つスキルは読む力/
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。