• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

◆僕が実況者になった理由、の話◆
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

◆僕が実況者になった理由、の話◆

2020-03-25 23:22
  • 33
平素よりお世話になっております。
稲葉です。

この1か月で、すっかり世界が変わってしまいましたね・・・

これを読まれている皆様が、
お元気で過ごされていると嬉しいのですが。

自分の職場でも、
時差出勤やら在宅テレワークやら、対策を講じてはいるのですが、
生活リズムが変則的になりますし、目にするニュースも暗いものばかりで。
身体的・精神的になかなか削れる日々が続いていますよね。。

実況動画も、
貯め録りタイプでない『どうぶつの森e+』は、
数回分、投稿が止まってしまったりして。

やっぱり、
実況動画って体調悪かったり気持ちが沈んでいると、
なかなか録れないものでして・・・

いつも見てくださっている方々を待たせていることは分かっているので、
録らなくちゃ、とは思うのですが、なんだか声が出なくて。。


なんとなく感傷的な気分になっているのかも知れません。

先日超久しぶりに、大昔、まだ実況動画を投稿する前に視聴していた、
いわば「自分が実況動画を始めたきっかけ」といえるような動画を、
何個かボーッと見たりなんかしていました。

過去に見ていた動画を、時を経て見返していると、
なんだか当時のことが蘇ってきたりなんかして、
動画の内容以上に、ノスタルジーを感じてしまうというか・・・
(そういう感覚、ありません?笑)

自分がこういうモードに入ることはなかなか珍しく、
良い機会だと感じましたので、
今回は『自分が実況動画をはじめたきっかけ』というテーマで、
記事を書いてみようかなぁと思います。

※記事タイトル、ちょっと恥ずかしいなとも思いましたけど、
 「きらきら道中」リスペクトということで・・・

あ、あと。
前回の『ゲーム思い出話』ですが、ありがたいことに、
もっと読みたいと言ってくださる声をたくさんいただけましたので、
いずれ続きを書いていこうと思っています。

今回のもののような、
実況寄りのテーマと交互くらいの感じで続けていけると良いですね。

 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
入会して購読

チャンネルに入会して、購読者になればこのチャンネルの全記事が読めます。

入会者特典:当月に発行された記事はチャンネル月額会員限定です。

ブログイメージ
稲葉活字万鉄
更新頻度: 月1本(毎月25日)
最終更新日:2020-03-26 00:18
チャンネル月額: ¥550 (税込)

チャンネルに入会して購読

ニコニコポイントで購入

この記事は月額会員限定の記事です。都度購入はできません。

他23件のコメントを表示
×
稲葉さんが作る動画の「一緒にゲームを楽しんでいる感覚」が好きだったのですが、まさにそういうスタイルを意識されていたのですね〜…!特にノベルゲーム実況、本当に大好きで今でもたまに見返しています。同じ物語にみんなで没入していく感覚というか、あの独特の動画の雰囲気は他にはない味わいだなあと思います。
稲葉さんの実況動画がなかったら、私は多分実況というジャンル自体にハマらなかったと思います。素敵な世界に出会わせてくれて本当にありがとうございます!これからも、是非楽しくゲームを続けて下さい。
2週間前
×
稲葉百万鉄さん、今回も読み応えのあるブロマガをありがとうございました。
自分も初めて見た実況動画はうちゅ〜&友人さんでした。友人のアカウントでその動画を見てから、自分のアカウントを作ってニコニコ動画にズブズブはまり、今に至ります。
今も実況動画が大好きです。
また次回のブロマガ楽しみにしております。
2週間前
×
稲葉さん、動画、ブロマガの更新ありがとうございます。
いつも楽しく拝見しています。
自分語りなコメントになりますがお許しください。
今回のブロマガを読んで、いてもたってもいられなくなってしまいました。
私が初めて見た実況動画は稲葉さんとがみさんのゆめにっきでした。
当時中学生だった私は腹を抱えて見ていたのを覚えています。
それからしばらくいろいろな方の動画を見て、自分も誰かを笑顔にできたらな、と思い、実況活動を始めました。
しかし私はゲームがうまいわけでもなく、トークが上手なわけでもなく、正直言って悩んでいたんですね。
色々あってしばらく休止しているときに、ふと稲葉さんのゆめにっきを見直しました。
何年時が経っても全く色褪せない面白さで、涙が出ました。
そこから、稲葉さんの未視聴の動画を半年ほどかけて片っ端から拝見しました。
稲葉さんのゲームを純粋に最後までとことん楽しんで、笑って、泣いて、遊びきるプレイスタイルに自分も一緒になって夢中で笑って、泣いて、楽しんで見ていました。
上手く言えないんですが、その姿にこれだ!と思ったんです。
自分はゲームを楽しむという本質を見失っていたことにそこで気づきました。
ゲーム実況を再開した今、ゲームを楽しくプレイしています。
ゲームを心から楽しめるようになり、ゲーム実況活動も前よりずっと楽しくなりました。
稲葉さんがブロマガで書いていたように、稲葉さんの動画が私の『初めて見た実況動画』であり、『実況を始めるきっかけになった動画』になっています。
ゲーム、そしてゲーム実況の楽しさを教えてくださった稲葉さんに心から感謝しています。
長文失礼しました。
無理せず、お体には気を付けてください。今後も動画やブロマガ、楽しみにしています。
2週間前
×
SIRENを喋りながらやってみた、自分もとても好きでした。超長編なので通しで見たのは一回だけですが、有志の方が制作した二十分くらいの見どころまとめ動画は今でも見返します。印象に残っているのはゲーム途中でいきなりケーキを持ってきて休憩しだすところで、稲葉さんが言う「友人の家で一緒にやっている感」が強く出ていると思います。
今ではその空気感は編集可能な動画形式よりもリアルタイムで体験を共有できる生配信の方に需要が流れているように思えます(私見)が、実況動画ならではの良さは変わらずあるなあというのは稲葉さんの動画を見て強く感じるところです。
2週間前
userPhoto
tt
×
稲葉さん
初めてコメントをさせたいただきます。
「声がキムタクに似ている」と発言された方の次くらい古参なんじゃないかな、と自負しているほど稲葉さんの実況を古くから拝見しています。
特にボルゾイ企画時代が大好きで、当時は本当に毎日視聴していました。単独の動画だと、有名所ですが街が印象的です。
稲葉さんも記載されていた通り、私は稲葉さんのお陰でどっぷり実況の魅力にハマっていきましたが、年頃の女子。大学に入ると共に、ニコニコ動画を開かなくなりました。笑
その時は自然に動画へ触れる機会がなくなり、一時期稲葉さんの動画を視聴しなくなりました。(おそらく虹野イッパツあたりでしょうか)
その後時を経て、社会人になり、疲労の中でふと稲葉さんのことを思い出しおもむろにニコニコ動画を立ち上げました。すると、稲葉さんが当時と何も変わらず(失礼ですかね )がみさんと楽しそうに実況していて、時が戻ったかのように感じました。
あの時の私からしたら、とても救われた出来事でした。

そこから稲葉さんの過去動画を見ては懐かしんだり、新しい動画を視聴して笑わせていただいたり、何年経っても稲葉さんの実況に楽しませていただいています。

少し記事は変わりますが、YouTubeでの実況は、私もなんとなく違うなあと感じるものがあり、今でも視聴をしません。ニコニコ動画の、実況者やコメントと一緒にゴールへ向かう感じが私は好きなんだな、と稲葉さんの記事を読んで感じました。
今回の記事を読んで、そう思えるのは稲葉さんの思いや、努力があるからこそなんだなと改めて感じています。

いつまでもニコニコ実況社としての稲葉さんを心より応援しています。
社会情勢も不安定ではありすが、どうぞお身体にはお気を付けて、家庭一番でお過ごしください。

これからもひそかに応援しています。
2週間前
×
投稿お疲れさまです!
今回のお話も楽しく読ませていただきました。
僕の初視聴実況動画が、当時投稿されたてだった青鬼part1でした。
それまではゲームやアニメの小ネタ集とか、料理動画とかしか見ていなかった自分でしたが、たまたま見たことの無いゲームタイトルだったこともあり、どんなゲームなのだろうの気になって視聴し始めたのが始まりでした。
当時の衝撃は今でも覚えていますが、ただプレイしている動画を見るだけ ではなく、見ているこちらも一緒にプレイしている感覚を味わえる、ということに驚きはまり込んだ記憶があります。
実際青鬼実況では、驚く2人と同じタイミングで驚き、その声を聞いた家族に怒られる…という端から見たからおかしくなったみたいなこともやらかしました(笑)
個人的に好きなシリーズは【バハムートラグーン】や【ごきんじょ冒険隊】、【天地創造】、【どうぶつの森】そしてノベルゲームシリーズですね。
今は亡きデンジャーゾーンシリーズとか特に震えながら見てました(笑)
協力実況ではどの作品も面白く、友人方とのやりとりが好きで、未だにどのシリーズも何度も見返しています。
最近の作品も、昔の作品も、稲葉さんは変わらずゲームを楽しんでおり、その様子を見るのがまた楽しいと感じます。
見ていて不快になる動画というのが無いのも、なぜかと考えるとやはり実況者さんがそのゲームにのめり込んで楽しんでいる様子がわかるからだと思います。
特に最近のどうぶつの森実況では、実際に自分がずっぽし村で生活しているみたいにプレイされている様子が見られて、全力で楽しんでいるなーと感じられました。

見出した当時は学生だった自分も、今は社会人として生活していますが、学生のころ見ていたシリーズを見返すと、当時の感覚を思い出して、辛い社会人生活も頑張ろうって気になれます。
そんな動画をつくり続ける稲葉さんのことを尊敬しながら、これからも応援していきます。
ご自身の体調と、家族のこと第一に考えて、これからも頑張って下さい!!
2週間前
×
稲葉さんの実況動画、どうして見始めたのかは思い出せませんが…おそらくどうぶつの森e+だったかと。その流れでボルゾイ企画も知り、いつの間にやら大ファンになった者です。いま自分は社会人1年目なのですが、お恥ずかしながら大学に入ってようやく「ゲーム実況」という世界を知りました。色々な方の実況動画を見てきた中で、一番刺激を頂いたのは、稲葉さんの実況動画です。そして、稲葉さんの動画がきっかけで、自分もゲーム実況者の端くれの端くれになりました。動画を見て、「面白いな」と思って毎日の楽しみにする、ということにプラスアルファ、「わたしも混ざりたい」と思うような、視聴者一体となってまるで友達の家で見ているように(稲葉さんの方が年上なのに失礼かもしれませんが。)楽しめるというのは、稲葉さんだけが持つ特別な魅力なのではないかなあと思います。
1週間前
×
稲葉さんのその感覚が好きです。友達のゲームを周りから見ているような雰囲気が本当大好きです。がみくんとのSIREN、期待してます!!!
1週間前
×
稲葉さんこんにちは、はじめまして
最近ニコニコからは離れていてブロマガやられてると知り、うれしく思っている一ファンです
稲葉さんと同世代でボルゾイからずっと楽しませてもらっております
私が初めて拝見したのは当時トップにその頃流れてきたくわさん牧場をみたからというとんでもないミラクルなご縁だったのですが、そこからずっと四人の動画、現在もこうして稲葉さんの動画楽しめてうれしいです
稲葉さん単独実況はフリーホラーゲームをやろう会は何回も見させていただいてます

私はもともとゲーム実況が嫌いでした
他人の声がそのゲームを邪魔してると思ってた人間でした
だからボルゾイさんでやっていた同年代の人たちが家で友達とゲームしているような
そんな動画に出会えて、衝撃と共にはまっていった口です
過去やっていらっしゃったブログとかも本当に友達と遊びの延長戦のようで
本当に楽しませてもらいました

震災当事者になったとき、暗いニュースが続いたりして心に余裕がないとき
今でも私は稲葉さんが過去そして現在つくってくれた動画を見て息抜きしています
私も友達とまた何かで集まったときに楽しいことするために頑張ろうって思わせてくれるからです
文面だとうまく表現できませんがそれくらい日常の一コマ的な
そんな実況動画をみせてもらって幸せですありがとうございます

大変な折ではありますが
稲葉さん、ご家族の方、大切な人たちがこれからも日々心穏やかに過ごせますように。
これからも一ファンとして、楽しませていただきます。
×
今月もブロマガ執筆お疲れ様です。
私にとって稲葉さんのゲーム実況動画は、初めての実況動画です。
稲葉さんが作りたい「友人と家で遊んでいる空気感の実況動画」は、間違いなくできているんじゃないかと、おこがましいかもですが思います。
近年のものなら西美濃の「1-2-Switch」が特にそうだと思いますし、「eショップパトロール」の動画もそうです。
稲葉さんの自然体にゲームを楽しむ姿、友人と楽しむ姿は、見ていてすごく憧れています。
私もこんな風にゲーム楽しんで、友人と一緒にゲームをして、こんな感性や価値観を持ちたいな、こんな風に歳をとっていきたいな、と思ってます。
これからも無理をせず、やりたいようにゲームを楽しんでいただきたいです。
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。