• このエントリーをはてなブックマークに追加
◆続編ゲームとその実況プレイについて考える◆
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

◆続編ゲームとその実況プレイについて考える◆

2022-05-25 23:45
  • 11
平素よりお世話になっております。
稲葉です。

先日、昨年8月から投稿を続けていた「つきこもり」が、
無事に最終回を迎えることが出来ました。



同作はその前に遊んでいた『学校で会った怖い話』の続編でしたが、
並行して、メダロットシリーズの4作目である『メダロット4』も
実況していたこともあり、
2021年は珍しく、続編ゲーム中心に遊んだ1年だったかなと思っています。



それぞれ続編としては異なるアプローチの作品ではありますが…

動画づくりを通してなんとなく、
“続編ゲーム”というものと、“それを実況プレイすること”について、
色々と考えたりしました。

今回のブロマガ記事では、
それについて書いていってみようと思います。

それでは今月も、
どうぞ宜しくお願いいたします。


 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
入会して購読

チャンネルに入会して、購読者になればこのチャンネルの全記事が読めます。

入会者特典:当月に発行された記事はチャンネル月額会員限定です。

ブログイメージ
稲葉活字万鉄
更新頻度: 月1本(毎月25日)
最終更新日:2022-06-25 14:50
チャンネル月額: ¥550 (税込)

チャンネルに入会して購読

ニコニコポイントで購入

この記事は月額会員限定の記事です。都度購入はできません。

コメント コメントを書く
他1件のコメントを表示

風のタクトは自分にとって本当に本当に大切なゲームで、いつか稲葉さんに実況してもらえないかと切に願っていたので、候補として名前が上がっただけでも、喜びに打ち震えています…
今回の記事でも、稲葉さんのゲームと実況動画製作に対する真摯な姿勢に改めて触れ、深い感銘を覚えました。
稲葉さんと一緒に色んなゲームを楽しむことを、毎日本当に生きがいにしています。
いつもありがとうございます。

No.2 1ヶ月前

逆転裁判大好きなのでお話に上がってきてとても嬉しかったです…オドロキくんは確かに不遇な主人公でしたね。5.6で何とか修正できましたけど。
続編ということで言えば、現在進行中のコーヒートークも2が予定されてるそうですね。
稲葉さんの実況がきっかけで購入して最後までやりましたが、とても素晴らしい作品だと思ったので2もぜひ実況していただきたいです。

No.3 1ヶ月前

平素より大変お世話になっております。
稲葉さんからFFTのお話が聞けて嬉しいです。FFT、本当にいいゲームですよね。
自分はFFTAを一番初めにプレイしたので、FF12の親戚くらいの気持ちでサックリとプレイしていたのですが、その後FFTを遊んだ時は衝撃でした(いい意味で)。今でも時々周回するほど好きなので、多分先にFFTを遊んでいたら稲葉さんに近い感想を持っていたかもしれません。当時FFTの続編だと思わずにプレイできたのは良かったと思います。
一度しか遊べていませんがFFTAはFFTAで面白かったので(画面の色使いが明るめで可愛かったり、戦闘ごとにルールが色々あったりして楽しかった記憶があります)、いつか稲葉さんの実況で見られる日が来ることをゆるっとお待ちしております。
※長々と申し訳ありません…

毎日動画の更新があり視聴者としては大変嬉しいのですが、連日暑くなってきましたので、どうかご無理はされませんよう…。
これからも応援しております!

No.4 1ヶ月前

平素より大変お世話になっております。

逆転裁判のお話が聞けて嬉しいです。
私はDS版1,2,3を一気にプレイしてから4をプレイしましたが、「なるほど…」と当時思ったことを思い出しました。
続編での新主人公はシナリオにも左右されて、ファンに受け入れられないとどうしても不遇な扱いになりますよね。
3で綺麗に完結した後の作品なので、前作主人公の扱いも相まってしまったとは思いますが…。

私が好きな作品『龍が如く』は1〜6のメイン主人公はすべて同一人物でしたが、7でガラリと主人公や戦闘スタイルを変えました。
発売前は不安でしたが、やってみると新鮮で主人公のキャラクター性もシナリオも良く、長期ナンバリングの重みをうまく抜けられた作品の1つだと思います。
(ブロマガに書かれていない作品で申し訳ないです)

「これ稲葉さんに実況してほしいな」というゲームはたくさんありますが、やはり稲葉さんが「これ実況したいな」という気持ちがあるもののほうが視聴者も楽しめますし、
純粋に“ゲームを楽しんでいる稲葉さん”が一番見たいと思っていますので、これからも楽しくゲームをして末永く活動される稲葉さんを視聴者として末永く視聴できればと思います。

No.5 1ヶ月前

>>1
おそらくTwitterではほとんど動画をアップした報告しかしていないので、やっている内に入るのか疑問だったのでしょう。

No.6 1ヶ月前

お世話になっております。

続編というものについて、考えることが無かったのでそういう視点もあるのかぁ…と思いました。

制作でも実況でも、楽しませる立場に変わるとなかなかに難しい問題ですね。

逆裁4に関しては、首を激しく縦にふりました…オドロキくんのキャラもストーリーも良かったですよね…(批判の的になる理由もよく分かりますけど…)

いつも楽しい動画ありがとうございます。
続編、新規問わず心ゆくまでに楽しむイナババの動画楽しみにしてます。
お身体に気をつけてお過ごしください。

No.7 1ヶ月前

今月も楽しく拝読しました。

『THE 推理』シリーズの実況、特に大好きです!
その裏話(?)を知ることができて、嬉しい限りです。

続編というのは、変わりつつ一貫性を持たせるということで、色々と大変なんでしょうね。
続編を「実況する」というのも、同じように大変だと思います。

舞台裏も少し想像しながら、これからも楽しみに実況を拝見します!!

No.8 1ヶ月前

>>6
あーなるほどやっと理解できました。
「やってるうちに」っていうのを「やってる間に」って意味で捉えてたんで何回読んでも意味が分からなくて。

No.9 1ヶ月前

FFTからのFFTAの流れ、完全に自分と一緒だぁ…ってなりました。
主人公のドットも少し似ていて自分もそういう方向で期待しちゃったのかもしれないです。
ジャッジってなんだろう…とか戦争ごっこ感を感じちゃいましたね
人の夢と書いて儚(はかない)…何か物悲しいわね…

でもあれをやってるとFF12が世界観同じで、イヴァリースだぁ!ってなるんですよね。
確かに今やると面白いかもしれないです。

サガシリーズも、シリーズによってガラッとタイプ変えていたものの一つですね。
(実況でサガフロ2見たいです…でももう普通にやってそうですし、普通にRPGですが)

No.10 4週間前

こんばんは。
大変遅くなってしまいましたが…、今回も興味深く拝読いたしました。

熱量の維持って、とても大切なことで、それでいてとても難しくて。
当人自身がやるしかない領域、のはずなのに、やっぱり周囲から影響を受けちゃったりもして…難しいです…。
だから、実際にこうやって工夫を続けていらっしゃること、すごいよなぁとおもいます。動画の作り方といい、どことなく職人気質を感じるきょうこの頃です。

あと…『拾われなかった』という表現、身に…沁みますね。確かにその表現がぴったりだなぁ、とおもうと同時に、等身大で率直な気持ちなんだろうなぁとも、感じましたよ。

わぁ…『皆さまのおかげ』と仰っていただけるのは、応援冥利(?)に尽きますね…!
とはいえそこに囚われすぎず、稲葉さんは稲葉さんのやりたいように突き進んでいただければ。
少なくともわたしは、こうやって稲葉さんの声を聴ける機会が増えて嬉しいですし、やりたいようにやっている姿を拝見できることをたのしみにしておりますので、ね…!

それでは。
稲葉さんと、周囲を取り巻くみなさまが、よいかたちで落ち着くこと…ささやかながら切にお祈り申し上げつつ。
ご活動、応援いたしております!

No.11 4日前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。