• このエントリーをはてなブックマークに追加
オトナの趣味道<造形編>:「スカープ秘密基地」製作日記No.1
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

オトナの趣味道<造形編>:「スカープ秘密基地」製作日記No.1

2016-06-16 11:28
    こんにちは田渕です。
    第4回目となる「オトナの趣味道 造形編」の作品製作日記。

    今回紹介するのは……男性の誰もが憧れる「秘密基地」です。

    まず最初に今回製作する「秘密基地」のイメージを紹介したいと思います。
    このイラストは私が4~5年前に落書きした「秘密基地」のイメージです。
    himitukiti-im1.jpg


    「秘密基地」と言っても様々なイメージがあります。
    例えば私の世代だと真っ先に思い浮かぶのは「サンダーバード基地」。写真はリメイク版のサンダーバード基地のトイです。
    kichi-002.jpg


    以前から「陸・海・空」を一つのジオラマで再現することが夢で、世界のそれらしい場所の写真を見ながら想像していました。

    アドリア海沿岸にはイメージに合ういい場所が点在していて見ていて飽きません。
    kichi-001.jpg


    そういえば、ジブリの「紅の豚」で主人公のポルコがアジトにしていた孤島もアドリア海でしたよね~。
    kichi-003.jpg


    今回の秘密基地にもスチームパンクの要素を取り入れるため、このようなツリーハウスにはイメージを掻き立てられます。
    kichi-004.jpg


    下の写真はロシアの潜水艦ドックです。
    今回は潜水艦を登場させるのでこのような写真も参考になります。
    kichi-005.jpg


    今までなかなか製作する機会とテーマが無く構想だけでしたが、今回ようやく製作できるタイミングがやってきました。

    今回の秘密基地では「スカープ」という謎のチームを構成し、キャラクターも登場させるなどの展開もしていこうと思っています。
    スケールは1/35にし、基地内部や彼らが使うビークル類もスケールが合うガレージキットなどを使用していきたいと思っています。

    デザインテーマは「スチームパンク」
    このテーマなら独自の世界観を作り出せると思いました。製作に当たっては大きくなり過ぎないことが大前提で、コンテストや展示会も視野に入れつつ製作していく予定です。

    これらのイメージを含めて「秘密基地」全体像を描き直してみました。
    image-01.jpg

    使用する1/35スケールのプラモデルのメカものやフィギュアは、スクラッチなどの材料、道具類も含めて随時ご紹介していく予定ですのでご期待下さい。

    ということで、次回はこの秘密基地とイメージが合うとあるアメリカのガレージキットメーカーを紹介し、その中から選んだ2つのキットを製作していきたいと思います。


    現在「インライフweb」では製作日記No.11まで公開中!
    続きをみたい方はこちら↓↓↓

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。