• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

「JRDB鈴木永人・Nさんの日記」~2月27・28日を振り返って~
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「JRDB鈴木永人・Nさんの日記」~2月27・28日を振り返って~

2016-03-03 21:30

    「JRDB鈴木永人・Nさんの日記」

    <この記事のサンプルはコチラ> 

    菊池:JRDB鈴木永人さんによる競馬日記です。今週もよろしくお願いします。

    鈴木:はい、よろしく。

    菊池:東西の開催は中山・阪神へと舞台を移しました。
       中山芝は、ここ最近の開幕週らしく差しが利きやすい傾向だったと見ていいでしょうか。

    鈴木:うん、中山記念もそうだったけど、追い込み脚質でも
       キレ味が武器の馬はちゃんと差せるという馬場だった。
       エアレーションもしてるし、内が硬くなって有利になるまではこの傾向でいいと思う。

    菊池:阪神芝は概ねフラットな馬場状態でしょうか。いくらか血統的な偏りも見られましたが。

    鈴木:芝が深いというか重いというか、開幕週で馬場が柔らかいんだと思う。
       高速馬場ではないので時計もそこそこ掛かってるから、
       瞬発力よりもスタミナとか持久力がしっかり問われる競馬が多いと思う。

    菊池:先週は、定年を迎えた引退調教師が話題になりましたが、
       かわって今週から新規開業の調教師もいます。
       新規開業は3名。ネームバリューは渡辺薫彦調教師ですね。
       騎手としてはナリタトップロードの主戦を務めて菊花賞を勝っています。

    鈴木:そっか、渡辺って調教師になったんだ。
       騎手としてはあれだったけど、調教師としてはどうだろうね?

    菊池:沖厩舎の厩舎ランクが上がったのは渡辺薫彦師が技術調教師として
       従事していたことも大きかったように思います。

    鈴木:じゃあ、あとは馬主や生産サイドとの付き合い次第ってところだナ。

    菊池:そして、橋口慎介調教師は橋口弘次郎調教師の御子息。
       師が新規開業に従事していたために、年明けの橋口厩舎がまるで勝てなかった…
       という説もあるように、父の厩舎の屋台骨的なスタッフだった方ですね。

    鈴木:そういうことね。

    菊池:斉藤崇史調教師は、かつて松永幹夫厩舎でレッドディザイアを担当。
       開業祝いということだと思いますが、結構良い馬を引き継いでいます。
       社台・ノーザン系からも期待されている一人なんでしょうね。

    鈴木:社台・ノーザンからどれだけ馬を引っ張れるか?が
       厩舎の成績に直結するんだろうからね。
       最初の数年で彼らの期待に応えられるかどうか?みたいなことが、
       その後を決めてしまうかもな。

    菊池:さて、新規と言えば新人ジョッキー!ですが、こちらは後半で話しましょう。では、今週もストックホースから。

    ■:『ストックホース』のページ

    ~パドックから見た、今後条件付きで狙える馬~
    菊池:週ごとに、鈴木さんがパドックで見た馬の中で、
       今後条件が合えば活躍できそうな馬
       まずは、ここから聞いていきましょう。 

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。