• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

窪寺博士のダイオウイカ研究記-その21
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

窪寺博士のダイオウイカ研究記-その21

2019-01-28 17:37
    392dc54ce0a39523a52d6e7d12d2a2ff5b0cfdbb

    【本号の目次】
    1. 2007年の調査
    2. 初めての試み・夜間調査
    3. 森さんの奮闘・イカ釣り
    4. 小笠原ホエールウォッチング協会

    2007年の調査

     調査初年度の2006年には、幸先よくダイオウイカを釣り上げるという快挙をあげることが出来た。科学研究助成金はまだ2年間は保証されている。2007年は10月と12月に各々10日間ほど新小型HD深海カメラを3台携えて小笠原父島に調査に向かった。2002年に調査を始めて5年目、船頭の磯部さんと乗子の岩ちゃんとは阿吽の呼吸、そして第八興勇丸の揺れにもすっかり慣れた。10月13日から調査を始めて、朝5時出航、1時間半ほど航走して調査海域に着くと、深海カメラのスタンバイを始める。深海カメラは持参した3台と磯部さんがNHKから委託された1台の計4台がある。持参した1台には、五島さんにお願いして釣り竿が取り付けられるように台座を作ってもらい、カメラから竿を斜めに出して先から餌を吊るし、横向きに撮影できるような工夫を凝らした。残りの3台は今まで通り、カメラを下向きにして左右のライトからV字にラインで餌を吊るす仕掛けにした。

    25c2b5e613b469df138c757d4da4bd2fca00f15e

    兄島瀬戸を通過して、沖に向かう。太平洋の大きなうねりが迎えてくれる

    163843fa840b9ecac4c6a895959fe3618445fcea
    2007年に新たに開発した、横方向から撮影できる深海カメラシステム

    08f7ba12a7cd93aa1cfdc77389ad0262e6c9538a
    基本の鉛直方向から撮影する深海カメラシステム
     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。