• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

窪寺博士のダイオウイカ研究記-その20
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

窪寺博士のダイオウイカ研究記-その20

2019-01-07 16:35
    58bda9adae4c301cc536b342202528aa2c69918e

    [本号の目次]
    1.2006年12月の調査の成果
    2.新HD撮影システムが捉えた映像
    3.漁業縦延縄にかかった漁獲物
    4.記者会見

    2006年12月の調査の成果

     12月の調査では初日にダイオウイカを釣り上げてしまったため、その後の調査を続けるかどうするか大いに悩んだ。生きて動き回るダイオウイカの映像は、直ちに東京に戻りニュース・メディアに流すだけの価値がある。だが、せっかく10日間の出張を組んで竹芝桟橋から一昼夜、“おがさわら丸”に揺られてたどり着いた小笠原父島である。磯部さんと話をしたいことは山ほどあるし、新人の乗子である岩本くんとも仲良くなりたい。計画通り、“おがさわら丸”の運航を一つ飛ばして調査を続行することにした。釣り上げたダイオウイカは、磯部さんの手配で小笠原父島漁業協同組合の冷凍庫に保管してくれることになった。
     12月としては海況が安定して、12月4日から10日の1週間で6回、小笠原父島東北沖で調査をすることができた。今回は新小型HDビデオカメラ撮影システムが4台手元にある。そのうちの2台を水深600mに、残り2台を800mと1000mに吊るし水深別の出現状況を調べることにした。記録媒体は60分のHDテープで、タイマーにより3分撮影、2分スタンバイとして約100分の稼働時間を確保した。LEDライトはフィルター無しの白色と、赤いパラフィンで覆った赤色を用いた。撮影システムのほか、漁業用縦延縄を3~4本、水深600~700mに入れて中深層の大型魚類やイカ類を釣獲することを試みた。これで前述のダイオウイカが釣りあがってきたのである。

    e6afe70d0233c1614238c2ac371deea56a9bb05f
    小型深海HDカメラシステムを縦延縄に吊るして流す
    96ea9ea82293efc226e6319b4e9e503e2be3382f
    旗流し縦延縄の旗竿の支度をする乗子の岩本くん
     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。