• このエントリーをはてなブックマークに追加
あるクラシック曲の実は悲惨な背景の話:亜留間次郎
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

あるクラシック曲の実は悲惨な背景の話:亜留間次郎

2024-02-17 05:00
  • 2
今日は悲惨なモルモットの話ですが、ツナさんは無関係です。
ef425ce3f63d140e026975cc72b1d35ec7674e54
日本でモルモットと呼ばれている動物は英語でguinea pigと呼ばれています。
これは首長鹿、ジラフがキリンになってしまったのと似ていて、本物のモルモットは全く別の動物です。
オランダから入ってくるときに間違えられたのが原因と言われています。

本物のモルモットの方は、最近はフランス語由来からマーモットと呼ばれる事が多いようです。
今日は18世紀のフランスやドイツで絵画から音楽に文学まで幅広くネタにされているマーモットのお話です。

クラシック音楽に詳しい人ならベートーヴェンの曲に『マーモット』があるのをご存じでしょう。
これは、ゲーテの作品に登場した劇中歌にベートーヴェンが曲を付けた物で、作詞:ゲーテ、作曲:ベートーヴェンという贅沢な曲です。

なお、この曲は動物のマーモットではなく「マーモット使いの少年」が歌っています。

欧州にはかなり近代まで、旅芸人の「マーモット使い」という職業があり、マーモットを調教して、楽器の演奏に合わせて踊らせていたのです。

ちなみに日本では、ベートーヴェンの曲だけ流用してオリジナルの歌詞を付けた「花売り」という日本語の曲もあります。

花売りも欧州では貧困少女が郊外で花を摘んできて町中で売る仕事なんですけどね。
一歩間違うと売ってる花がアレな場合も……

今回は、そんなドイツ文学とクラシック音楽の闇のお話です。

以下会員限定
 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

次回配信予定
  • 2024/04/15
    アリエナイ理科20周年記念「アリエナイ昔話」後編:くられ
コメント コメントを書く

日本でも口減らしで女衒に買い叩かれてましたが……そりゃ男の子も居ますよね………
こういうのはガンガン絶滅して欲しいですね…絶滅して良かった!

No.1 1ヶ月前

かこつです!
貧困のために子供が犠牲になるのは、いつの世も一緒だなと思いました。
そんな世界が来ないよう、どうにか防ぎたいですねえ。

No.2 1ヶ月前
コメントを書く
コメントをするにはログインして下さい。