• このエントリーをはてなブックマークに追加
英会話を学ぶ話・始めたきっかけのこと【前編】:淡島りりか
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

英会話を学ぶ話・始めたきっかけのこと【前編】:淡島りりか

2024-02-24 05:00
  • 2
淡島は仲間を見つけた!
055058a1ed074dd50bddbbb71efa66158c7ee4b8
はろーごーじゃす! このところ、英会話の勉強をを再開して頑張ってる淡島です。
最近、デゴチさんも英会話を続けてらっしゃるので、仲間がいる! って勝手に嬉しくなっています。

で、くられ先生に「英会話を再開した話でもしたら?」ってこないだ振られたことだし、今回のブロマガではその話でもしてみようかと。

といっても英会話の勉強を再開したのは、去年のゴールデンウィーク明け頃です。

コロナの影響でここ数年、読み書き受け応えの「応え」の部分が欠乏していたしね。
毎週楽しく続けています。

ということで、なぜ英語を勉強するようになったのか、なぜ英会話を始めて、そして再開することになったのかを、つらつら書いていこうかなーと思います。

◆◇◆高校生以前の話◆◇◆



実のところ、最初は英語、嫌いでした。

家族は英語に強かったんですけどね。
淡島祖父は専門がまさかのシェイクスピアで、仕事も、モールス信号で世界の国々とやりとりするとかいうスパイ映画に出てきそうな人です。

ちなみに釣りが趣味で、携帯がない時代、離れた場所で釣りをしている職場の釣り仲間と、懐中電灯でカチカチとモールス信号で会話する器用なおじいちゃんでした。

淡島父も、学部時代は英語のディベート部に所属してて、その後も仕事でもぼちぼち英語使ってる人だったりします。
対して私はというとですよ。そんな家で育ったものの、

大学に入って学部生になるまで、英語を忌避し続けて大きくなりました。
なんてこった。

以下会員限定
 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

コメント コメントを書く

かこつです!英国淑女の淡島先生でも英語が苦手だったんですね…!?
それにしても御祖父様、モールス信号まで使用して生活してたなんていったいどういう御方なんでしょうか…
好きな洋画や洋楽なんかで英語を学ぶことは効率的な学習方法の一つなんですね!後編も楽しみです!

No.1 1ヶ月前

投稿お疲れ様です。
以前は英語が苦手だったのは意外でした。英語を使わないといけない環境と、好きなものとの組み合わせは大きかったですね。それと、近くにそれを使うことができる人の存在も大きそうです。記事を読むと自分もまた英語を勉強してみようかなと思えました。

No.2 1ヶ月前
コメントを書く
コメントをするにはログインして下さい。