• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

第66回全日本プロ選手権自転車競技大会トラック競技 4㎞個人パーシュート 横からの比較
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

第66回全日本プロ選手権自転車競技大会トラック競技 4㎞個人パーシュート 横からの比較

2019-05-31 00:11
    昨年(2017-2018シーズン)に女子も男子も団体追い抜きでは、日本新記録が更新されました。
    これは、主観的でありますが、ポジションなどにこだわった結果が出たと思います。
    それまでとは明らかに変わったからですが。

    今回は全プロ大会で、大会新記録を橋本英也が出しました。4分30秒694です。
    橋本選手は東京オリンピック出場候補選手です。
    そしてそのフォームは世界基準です。
    なかなか、見られない進化した形をぜひご覧ください。
    橋本選手の写真は見やすいように多く載せています。

    また、2019UCIトラック世界選ポーランド大会の4㎞個人追い抜き予選の写真も掲載しています。
    写真の角度などは違いますが、近いものをセレクトしました。
    興味のある方はぜひご覧ください。
    手足の長さ、体躯など体型的には違いますが、参考になると思います。予選の一番時計はイタリアのGANNA Filippoが4分7秒456でした。

    写真は基本スタートリスト順です。

    全プロ大会4㎞個人追い抜き

    畝木 努 4分56秒705 4位
    f699943fe0141fbf7e7151d1d609c43273df2b14


    小林泰正 4分44秒655 3位
    f477ec31cab098b66d5124093cff894966a0eaf9

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。