• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

第88回全日本自転車競技選手権大会ロードレース 四日目 男子エリート 優勝は入部正太朗!
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

第88回全日本自転車競技選手権大会ロードレース 四日目 男子エリート 優勝は入部正太朗!

2019-06-30 17:00

    546cbe0b223a7537be708d3424611d84def1dec8

    富士スピードウエイで行われた第88回全日本自転車競技選手権大会ロードレース男子エリートは、227㎞の長丁場を走るレースとなった。サーキット内部を走るコース特性もあり、サバイバルレースとなった。

    152名が出場したレースは午前9時にスタート。序盤から足切りされる選手が続出し、集団を形成する選手はどんどん少なくなった。
    c3c64a4f255547cdfeaa86878b99a54a7fc05602

    コース自体は困難なものでは無いようだが、ストップアンドゴーで足をかなり削られたのが要因だ。

    ccadace73db1d35d39376533a892a8af2c4b1506

    227cf82d23adbb6ba3ceef491d46aa3ac6c5c767


    終盤に残った選手は、やはり実力のある選手たちで、その中から、抜け出したのが、新城幸也(BAHRAIN MERIDA)、入部正太朗(シマノレーシング)、横塚浩平(Team UKYO)だった。
    f77ed3ade7d63cddf42532c8dcc49bc92ed72442

    抜け出してから新城が積極的に引く展開となり、富士スピードウエイの直線で、新城の後ろに付いていた入部がスプリント勝負に。これを制したのが入部だった。2位は新城、3位は最後で遅れた横塚となった。

    c1e0d45c78dba4bb56f7236a964a7c67c3b82513


    9f4d465cd0b4e59e7ed03d89ae6eb6c2798c15d1
    優勝した入部のコメント

    「まだ実感がわきませんが、目標としていたレースなので最高の気分です」

    チャンネル会員ならもっと楽しめる!
    • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
    • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
      • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
      • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
    ブログイメージ
    読んで楽しい買って儲かる!激辛!? 競輪マガジン NEWS
    更新頻度: 毎月10本程度
    最終更新日:
    チャンネル月額: ¥324 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。