• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

第61回競輪祭 四日目レポート ダイヤモンドレースはただ今絶好調の柴崎淳が制す。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

第61回競輪祭 四日目レポート ダイヤモンドレースはただ今絶好調の柴崎淳が制す。

2019-11-23 10:18

    ダイヤモンドレースは一人もSS班がいなかったですね。

    今年の激戦模様を象徴するレースかもしれませんね。

    そして準決勝を迎えます。

    今年のSS班が徐々に落脱していっています。そして新しい選手がSS班になろうとしている選手たちにも試練が降りかかっています。

    この準決勝の結果が来年の競輪を大きく変えそうです。

    的中もありますが、レースそして結果が楽しみですね。

    それにしてものレースは清水裕友。強かった!もがき合ってねじ伏せる典型的なレースでしたね。これぞ先行が華の競輪です。

    ダイヤモンドレースは柴崎淳が強かったの一言でした。

    準決勝を勝ち上がれたら、タイトルは見えてた思います。
    94b0495a2e7f3c1f86973b3cfecdce0ce941ac5b0f6c73d89823ebd031a804b25c707ccd507bcd0d

    賞金争いも面白くなってきました。そしてタイトル奪取戦線も。

    見逃せませんね!

    《ダッグアウトから》

    5レース

    1着の小川真太郎
    02f5d77ab0527829f9a15332fb8bf0087ea46828

    「皆が中団を欲しいレースだったし、難しいレースだったと思います。僕は後ろの方でゆったりと構えていたおかげで(落車を避けられ)助かりました。出足はそんなによくなかったけど、バックからは行こうと思ってました。明日も頑張ります!」

    6レース

    1着の佐々木雄一
    b4ef898d7e1d37c9ef703ddc18c9501942cc602f

    「補欠から繰り上がったのに、こんなに勝ち上がっちゃって、やりすぎって怒られちゃうかもしれませんね()

    2着の小松崎大地

    「踏んだ感触は悪くはなかったので、あとは全開で踏むだけでした。(和田)真久留よりも自分の方が調子いいって自分を信じて踏むだけでした」

    7レース

    1着の三谷竜生
    416cd6fc76526b13bff4acf3c656dc82d677e81c

    「稲毛(健太)も2着権利の中で、しっかり先行してくれました。残せんかなって難しかったですね。坂口も仕事してくれたのはわかりました。自分の調子は余裕ありました。明日も頑張りたいです」

    8レース

    1着の原田研太朗
    db33d128836fac1baea2f4cbe102cbad604ff88e

    「自分は定位置から、しっかり捲ろうと思っていました。今回、2日目に休めたのがよかったです」

    2着の堀内俊介

    「昨日のホームの野田(源一)さんの動きが気になって仕掛けられなかったので、その反省を活かして、今日は動けていたのが大きいですね」

    3着の和田健太郎

    「堀内は武藤(龍生)に締めこまれた時にどうするかなと思ったら、自分でどかして、行ったから、センスあるなーって思ってついていました。やっぱりイケメンは違いますね」

    9レース

    1着の園田匠
    52bed2b8189628fd15dbe4c7c0cd2fafd4f5f402

    「清水は流石ですね!! 苦しくて休みたいだろうけど、休まずに行ってくれました。ワンツー決まったと思ったけど岩本(俊介)が強かったから、清水も苦しかったでしょうね。人気だったし、ラインで決めたかったですね」

    2着の木暮安由

    「吉澤は同級生だけど、援護したいと思って走ってました。自分の調子もいいですね」

    3着の吉澤純平

    「自分も必死に踏んだけど、なかなか出れませんでした。清水が強かったですね」

    4着の清水裕友

    「あぁー、キツい! もう明日の脚が残ってないかも()。後ろに地元の園田(匠)さんがついていたし、それがいい気合を入れてくれましたね」

    10レース

    1着の平原康多
    6014e8f82bad7b4437d54d7c74e6879cbd6980d6

    「いいかと思ってやったことが裏目、裏目に出ちゃって、それで思い切って元に戻したら、よかったですね。練習ではよかったんですけど、やっぱり練習と本番は違いますね。(渡邉)雄太もかかっていたし、もうこれは出させないで行っちゃうなって思いました。山中(秀将)の車間空けるのが上手くて、行けないと思ったけど、行けてよかったです」

    2着の諸橋愛

    「今日の平原は強かったし、もう言うことなかったですね」

    3着の三谷将太

    「スタートであの位置(関東ラインの後ろ)を取れたことがおおきかったですね」

    11レース

    1着の柴崎淳
    ea6001184c43866fdb6877b745df50589d59a761

    「いい意味で気負わずに走れているので、調子はいいと思います。競輪祭は初めてGI決勝に乗った大会だし、四日市GIIIを優勝して、今回は注目されているけど、そのプレッシャーに打ち勝って、また決勝戦に乗りたいですね」

    2着の松浦悠士

    「もう引けないなって思ったので、少し鈴木(竜士)にあたったら引いてくれたので、そのまま番手にいきました。でも、今日はそういうレースをするつもりではなかったので、うーんって感じですね。明日は命がけで頑張ります!」


    番外編

    ダイヤモンドレースの表彰時、突如客席に向かって「鬼脚!」と叫ぶ井上茂徳名輪会会長。
    3158b1116ed3296a2168ab1f92f7304ace008924
    チャンネル会員ならもっと楽しめる!
    • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
    • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
      • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
      • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
    ブログイメージ
    読んで楽しい買って儲かる!激辛!? 競輪マガジン NEWS
    更新頻度: 毎月10本程度
    最終更新日:
    チャンネル月額: ¥330 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。