• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

第35回全日本選抜競輪(GI)初日レポート 昨日までの寒さは和らいだ豊橋でした。が、激熱バトル続出。 明日はスタールビー賞と二次予選!
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

第35回全日本選抜競輪(GI)初日レポート 昨日までの寒さは和らいだ豊橋でした。が、激熱バトル続出。 明日はスタールビー賞と二次予選!

2020-02-08 19:40

    バンクで写真撮影をしていると日差しが気持ちよかった全日本選抜初日でした。

    しかし、強風は強風。バック向かい風は先行選手にとってきつかったようです。

    ものともせず逃げ切った選手もいましたけどね。

    76a0cb99d46bf1742c0a8bedb1c551c4ba23fe3e

    さて明日は二次予選とスタールビー賞ですね。

    準決勝に向けて激熱バトルが繰り広げられると思います。

    ちなみに二次予選は6レースからですよ!

    レースを観ていて本日の良かった選手(写真を撮りながらですが)

    新山響平 松井宏祐 根田空史 菅田壱道 原田研太朗

    かな。

    着は置いといて、山崎賢人。です。

    スタールビー賞では平原が戻ってきていると感じました。明日のレースが楽しみです。

    また、清水裕友が松浦悠士の番手ですから、松浦は先行予定で調子をみたいと思っているのではないかと思います。か、清水に恩を返す()という意味かもしれませんね。本人に確認は取っていません。

    そういえば豊橋競輪場はお客さんが多かったように感じました。

    バンク内から観客席をみたら、最近のGI初日で一番入っているように見えました。

    明日は今日以上にファンの方々に来場していただきたいですね。

    2b4b28703e69aaded9ff3ba971e34b36a594e40ce38fd41cb81e9679b48886f510bf754ff626390eedd5e2a11d89393d9feb19b0255d22b69c77804c1a395b074e5a9f0aa0a0e9391d977b3fbe4289d2

    《ダッグアウトから》

    1レース

    ●逃げ切って1着の山田英明
    a39beed89c6981d6db4631281d1f58a28227860d

    「風はすごく強かったですね。先行なんて、そんなにしてないから、どのくらい残れるかわからないし、もう必死でした。後ろ(松岡)貴久ならブロックでも車間あけるでも何でもしてくれるから、行こうと思いました。実際、車間切ってくれていたのもわかりました」

    2レース

    ●捲って1着の小松崎大地
    f1892a40e3f2c0878b401111bd500b0d04dd113d

    「リスクもあるし、本当は89番手になっちゃいけないですから、それは反省ですね。でも、力を出し切ったし、フルスイングはできたと思います。勝ち上がれないとタイトルは見えてこないし、しっかり勝ち上がっていきたいと思います」

    2着の大槻寛徳

    8番手からってドキドキしました()。でも、小松崎を信頼していたし、だいぶ調子はよさそうですね。また一緒に走りたいですね」

    3レース

    ●捲って1着の根田空史
    436c5c1aea780ced406090639e943d6449dc5034

    「風が本当にすごいです。この風なら2コーナーか脚ためて行った方がいいかもしれないですね。今日は結果ラインで決まったのでよかったとします」

    ●離れたが、必死に追い上げ3着に入った東龍之介

    「このクラスは皆が脚あるので、蛇行がすごい。あきらめないで踏んでなんとか3着に入りましたけど、もう脚がパンパンです()

    4レース

    ●逃げ粘って1着の新山響平
    00ad50521dee422e73bf3a092c03dccad9deaa07

    「風が強いですね。でも、踏み切り過ぎず、流し過ぎずには踏めたんじゃないかと思います」

    ●一瞬離れたが、すぐに番手に追いつき、2着の守澤太志

    「稲川さんが前に出たから、構えてからドンって行くんじゃないかと思ったので、あのタイミングで行くって思ってなくて、慌ててしまい、車間が空いてしまいましたね。稲川さんが3番手にいたのはわかったので、もう内だけは空けないように気をつけてました。なんとかライン全員で勝ち上がれたのでホッとしました」

    3着の稲川翔

    「今日は自力に行こうと思っていたので、なんかそのまま頭が切り替えきらんままだった感じですね。でも、打鐘で出てないとダメだという判断はよかったので、そこは冴えてましたね」

    5レース

    ●捲って1着の原田研太朗
    327e0a165a844c09c1965496cab79f279214708a

    「山田(久徳)さんが車体故障するとは思ってなかったので、どうしようかと思いました。風もきつかったですね。でも、ラインで決まってよかったです。昨年は四国の勢いを感じたんですけど、自分はその勢いに乗れてない感じがしたので、練習を見直したりてきました」

    2着の岩津裕介

    「もう原田を信じてついていきました。やっぱり強いですよね」

    3着の西岡拓朗

    「もうダメかと思ったけど、諦めずに踏んでいってよかった! 練習してきたかいがありました」

    6レース

    ●捲って1着の菅田壱道
    8caa65d24b1e6ff9649ef913de7a8345dc605c52

    「踏み出した瞬間にいいなって思いました。今日の今までのレースを見ていたら捲り追い込みの方がいいかなとレース前は思っていたけど、走ってみたら身体が自然に動きましたね。皆が言うほど、風はきつくないかなって思いました」

    2着の橋本強

    「ラインで決まると思ったけど、豊橋バンクの特性の風にやられてしまいました」

    3着の不破将登

    「もう引けなかったし、脚に余裕があったので、競りになりました。本その後は菅田さんよりも先に仕掛けられれば本当はよかったんですけどね」

    7レース

    ●捲り追い込んで1着の岩本俊介、300勝達成
    491eb6e976e54b81b46f0c707d79a2ba8c64fd07

    「しょぼいレースでしたね…。宮本をどかしたかけど、ちょっと当たりにいったけど、どきませんでしたね。300勝は、前だったら風も強いし、後ろだしの段階で心が折れていたと思うけど、今日はあきらめずに最後まで踏んだおかげで300勝が取れたと思います」

    ●逃げ粘って2着の宮本隼輔

    「短い距離だったからなんとかなりました。一番は柏野(智典)さんが色々と作戦を考えてくれたおかげですね!」

    8レース

    ●先行した藤根俊貴の番手から1着の和田圭
    aac6044736d8f6701dc74cf5f86fda02720df4fb

    「焦っちゃいましたね。自分ももう余裕もなかったし、番手から出たけど、藤根に合わされて、これはかなり不格好なゴールになりましたね(苦笑)」

    ●直線突っ込み2着の山口富生
    9d6f0eec7624cd227f451658f7f06da6fbc56cbd

    「金子(貴志)は強いし、外から伸びてくるだろうって思って、中のコースを行かせてもらったんですけど、申し訳ないです…」

    3着の吉田敏洋

    「車の出は悪くないかったのに、判断が失敗でした」

    9レース

    ●逃げ切って1着の松井宏佑
    d371ddc716da796325592a8ba49b9d3084ab101a

    「出切ってからのペースとかそういうところも考えて走らないといけないなって思いました。行ったあとはもう無我夢中でした」

    2着の稲垣裕之

    「ケン(松岡健介)のおかげにつきます」

    10レース

    ●捲って1着の清水裕友
    b9bd7909fe330a5ccd760fa7daaf9393aa94e736

    「初手は(渡邉)雄太よりも前にいて、雄太の動きを見て動こうと思っていました。脚は軽かったですね。初日にこれぐらい軽いと今回は楽しみですね!」

    2着の渡部哲男

    「今までついた中で一番強い裕友でしたね。本当に頼もしい!」

    11レース

    ●捲って1着の松浦悠士
    6a080c0cd7927c45c1c044093c485c250950e884

    「いいタイミングでは行けたと思ったけど、古性(優作)の動きが、人よりも先に動きたかったので、そこがあれでしたね。出切ったあとはよかったと思います。郡司のスピードがよかったので抜かれたかと思ったけど、ハンドル投げで勝ちました」

    2着の郡司浩平

    「新しいフレームなんですけど、踏んだ感じはいいように思います」

    3着の和田健太郎

    「郡司のおかげですね、もうそれにつきます」

    12レース

    1着の平原康多
    d15b2b12a0da7d032588498f575e7e5284a2115a

    「どうしようかと色々と考えていたら、吉田と離れちゃいました。そこから吉田とドッキングするのに、バック踏んで、コーナー踏んだんできつかったですね。吉田と決まったのはよかったけど、木暮(安由)まで連れ込めなかったのは残念です」

    2着の吉田拓矢

    「前々に踏んで、あの位置になりました。平原さんが行きそうなのを感じて、そこから踏みました」

    ●直線突っ込んで3着の坂口晃輔
    fdb79a3d593fecc0ee612c13bd22aa3006470d6b

    「三谷(竜生)が頑張ってくれたおかげですね。自分としては、忍者らしく早く動けたらよかったなと思います」

    チャンネル会員ならもっと楽しめる!
    • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
    • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
      • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
      • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
    ブログイメージ
    読んで楽しい買って儲かる!激辛!? 競輪マガジン NEWS
    更新頻度: 毎月10本程度
    最終更新日:
    チャンネル月額: ¥330 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。