• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

第62回競輪祭 4日目レポート ダイヤモンドレースは郡司浩平!
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

第62回競輪祭 4日目レポート ダイヤモンドレースは郡司浩平!

2020-11-21 23:21

    二次予選は結構厳しい攻めが見られました。

    ここを突破して準決勝に行くのと、負けるのでは大きな差が出てきます。

    ギリギリまで攻めて勝ち上がる競輪選手としての本能を見たような気がしました。

    そして賞金ランキングがどんどん変わってきています。

    賞金ランキング9位以内で勝ち上がれなかった選手は、脇本雄太、清水裕友、守澤太志、佐藤慎太郎の4人。準決勝進出者は賞金ランキングの下の方の選手も多いので、明日の準決勝次第でGP出場が大きく変わってきそうな予感もあります。

    早くも決勝メンバーが気になってきました!

    ダイヤモンドレース写真ダイジェスト

    勝ったのは郡司浩平!
    9d0371197b7604dd020507cd66f6313f4ae22c53

    e8ec28715231d04a72b0d9546fdcb9d4b78a86dcb94675214d046a4f5e43e1a409bc1f151c42e38c33f622e04701a4922f6ef6244cf229a9e51d4840c0ba955812eff0fade6d178828feca30013196732ee0c12f24b30afa5ff8a1c21cfe2c1857220d14b4baf6e01748738a75521f1853e28f654a3863c662f0c8568e1805995dc103b4abb0729e5fa5b9c3

    《ダッグアウトから》

    6レース
    23ed3afd1e8748c2442a5ecc69f63b9e70d8c684

    1着の園田匠
    e23cadf3461234f13b61416aacabebb0232c6d40

    「初日、2日目と厳しいレースでしたね。昨日はお客さんに迷惑をかけてしまいましたが、上がりタイムは悪くなかったし、調子は悪くないです。今日は普段から仲のいい(取鳥)雄吾が頑張ってくれました。やっぱり僕はお客さんの声援がある方が頑張れますね」

    2着の鈴木庸之

    「特別はピッチが早いので、それにやっと慣れてきました。7車の雰囲気が残っていているので。それでも成績が残せているのは練習の成果が出せているんだと思います。一昨日、諸橋(愛)さんが先に勝ち上がりを決めて『お先』って言われたので、今から僕が『お先!』って言ってやります()

    7レース
    1bcde8c716292d323adfe8568136fbba7a97d45f

    1着の長島大介
    ff5f43e8a4b9fef3f9228465aea2f186378494b1

    「自分で考えていた展開の中で、一番理想の展開になりました。追っていくのは得意なので、小松崎(大地)さんに来られないように、少しずつ車間をつめていきました。初めての準決勝なので頑張りたいですね!」

    2着の芦澤辰弘

    「小松崎さんを前に出させないっていう作戦でしたね。最終2コーナーでは、どうやって小松崎さんが来るのを遅らせるかって考えて、振ったりとかしました。長島、神山(拓弥)さんと信頼している関東のラインで、安心して、集中して走れました」

    5着の守澤太志

    「最後、内を踏んでいったけど届きませんでしたね…。少しでも上を目指して頑張りたいと思います」

    8レース
    00c19f9abd342d574289ae4bc8a1f2d3446ad34d

    1着の和田圭
    eff3b4e486dea152903298b5a7505960e60f7977

    3番手だったので、慣れた位置だったし、もう最後思いっ切り突っ込むだけでした。コースが空いていたんで、1着まで行けましたね。コースがあれば、いつも行ける脚はありますね。身体はいいし、準決勝は前にいれたらいいトコいけるかなと思います」

    2着の東龍之介

    「あれだけ根田(空史)さんが行ってくれたおかげですね。個人的には勝ち上がれて嬉しいけど、自分だけ勝ち上がって申し訳ない気持ちです。全日本選抜でも根田さんの後ろから勝ちあがらせてもらっているんで、本当に今年はいい1年になっています」

    9レース
    104d2b36bb5deb944e0e18a62fea1612b93f2bb2

    1着の浅井康太
    00c6b121469204a92c91e8bab3038c859c4485f5

    「人気にも応えられたし、ラインでそれぞれしっかり仕事して、ワンツースリー、しっかり競輪の形はつくれたかなと思います。身体も動けているので、しっかりリカバリーして準決勝も頑張ります」

    2着の深谷知広

    「前からプレッシャーを与えようと思ったんですけど、岩津(裕介)さんの動きに翻弄されかけたけど、すぐに切り替えていけてよかったです。いい走りができたと思います」

    3着の坂口晃輔

    「何度も連携しているラインだったし、噛みしめながら走りました。昨年ひそかにファイナリストなので、今年もひそかにファイナリスト目指します()

    4着の古性優作

    「取れないと思ったけど、(村上)博幸さんがあの位置を取ってくれました。打鐘から全部裏目というか…、難しいレースでした。いつもの自分だったら、浅井さんのヨコまで行っていたんですけど、そうすれば博幸さんにも目があったと思うんですけど…」

    10レース
    df3e17070e549212d73dad804a74e3039eff2b03

    1着の稲垣裕之
    e0e49e5a4eb96d26a261af704b4d46e45680ec86

    「畑段(嵐士)が気迫のこもったレースをしてくれて、その気迫をわけてもらいました。平原君が後ろから来て、そのまま行かれてはせっかくの畑段の走りをムダにすると思って、踏ませてもらいました」

    2着の諸橋愛

    「意外に外伸びました。内藤(秀久)とのあれがなければ、1着まで届いていたかもしれないですね。ノブ(鈴木庸之)のヤツ、いやらしく『お先です♪』とか言いやがって、プレッシャーを与えられましたよ()

    3着の岩本俊介

    「先行一車の番組とは言われましたけど、そんな簡単なレースにはならないだろうなとは思ってました。先行態勢に入っていたけど、畑段がすごい勢いで来て、思ったよりもスピードがあって。行かれたけど、中団は取ろうと思って、(並走は)絶対に引かないって決めてました。慣れないレースの形になったけど、気持ちは入ってました」

    4着の平原康多
    941257a167fa81d38acfaef2f536370393d499a7

    「全然考えてないレースでしたね。その中でいい対応はできたと思います。最後はへばりつくのが精いっぱいでした」

    11レース
    2ef08066ee334a0b8b1f65c44030b420c6ec25d0

    1着の山田英明
    bb0a92c0fb819e35aac9d05cba431f2f1106dd1c

    「あんなに早く清水(裕友)君が仕掛けてくれるとは思いませんでした。僕はもう野原(雅也)を止めることだけを考えてました。ラインで決まるようにと思っていたけど、宿口もいいスピードで来たし、ワンテンポ待ってから踏ませてもらいました。色んな人の動向は気になるけど、でも、自分がしっかり一戦一戦戦っていく方がいいかなって、そう心を決めて頑張ろうと思います」

    2着の宿口陽一

    「清水と野原がやり合うなと思ってました。行ったタイミングもよかったですね。あそこから行ったから、山田さんに止められずにすんだんじゃないかと思います。いい判断はできていますね」

    3着の東口善朋

    「野原がいいレースをしてくれたことに尽きます。何とか入れたかったが、清水君がバックで流していたのかわからないけど、それもできなかったです。宿口も来ていたし、2人でダメになるよりは、しっかり最後まで踏もうと思いました」

    4着の志智俊夫

    「最終ホームではやったなと思ったんですけど、後方に宿口がいて、いいスピードだったので、乗る形になりました。あれについていけたし、調子は悪くないですね」

    12レース
    62f0c8568e1805995dc103b4abb0729e5fa5b9c3

    1着の郡司浩平
    7e7dfd0fb5a71fab9e8d541e0c4f4ca9e751f8e6

    「前の作戦だったけど、取られそうになって危なかったですね。なんとか車輪かけられました。松井(宏佑)の走りに尽きます。(新山を)出させないって気持ちがすごかったです。松浦と新田さんがどこで飛んでくるかと。ちょっと引きつけ過ぎちゃったので踏み出しが重くなりました。最後はサラ脚だった分踏み勝てました」

    2着の松浦悠士

    「早めに動けば、新山君も主導権を取りたいだろうし、引かせて、もがき合いを誘おうと思いました。車間を開け過ぎましたね。一瞬越えたかと思ったんですけど、郡司君の技術と脚力が勝っていました。脚はいいけど、今日でかなり消耗したので、しっかりケアしたいと思います」

    3着の新田祐大

    「スタートを取りにいったけど、甘かったですね。それが後々に響きましたね。道中、松浦が抑えにきて、そこから南関の思惑通りになっていった感じですね。新山は、先輩をつけた中でその気持ちは、自分も前で走っているので気持ちはすごくわかりました。またレースが終わってから感じることも絶対にあるだろうと思います。自分はその中で最後まで踏むことが大事だと思って踏みました。脚は問題ないです。明日が非常に楽しみですね」

    チャンネル会員ならもっと楽しめる!
    • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
    • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
      • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
      • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
    ブログイメージ
    読んで楽しい買って儲かる!激辛!? 競輪マガジン NEWS
    更新頻度: 毎月10本程度
    最終更新日:
    チャンネル月額: ¥330 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。