• このエントリーをはてなブックマークに追加

atoitさん のコメント

独歩なのに独走するとは思いませんからね
No.1
18ヶ月前
このコメントは以下の記事についています
第十節で敗退しました(>_<) 応援してくださってありがとうございました! 牌譜 1戦目は熾烈なトップ争い。 牌図のリャンシャンテンで上家から出た 6p を―― 仕掛けたポイントは3つあって―― 1・上家がマンズに寄せていそう 2・打点が欲しいはずの対面のドラ切り 3・ライバルが複数いる 1、2に関しては特に説明不要として、3に関しては―― 着順を競うライバルが多ければ多いほどアガリの価値は高まる ラス目の就活生さんはここでラスを引くと敗退がかなり濃厚になります。 親番もないとあらば、この苦しい点数状況でもなんとかするしかありません。 結果は先にテンパイすることもできず、中嶋プロのアガリでゲームENDでした。 ドラが1枚でもあれば、ピンズ部分が両面だったら 仕掛けずに、この局で決めに行ったほうがいいと思います。 牌譜 昨日のコメントで この 9s をチーテンに取らないのか? という質問がありましたが、これはスルーします。 ライバルは対
現役麻雀プロがガチで「天鳳位」を目指すブログマガジン
このブログマガジンは、オンラインネット麻雀「天鳳」の最高峰である「天鳳位」を、現役のAリーガープロ雀士である私こと木原浩一が、本気で目指し日々奮闘する様を描いた自戦記、「天鳳」の実戦譜を使った戦術論、麻雀に関するコラム&エッセイ等を、思いつくままに徒然と更新していくものです。