• このエントリーをはてなブックマークに追加

マッキーさん のコメント

そうでしたか、それはちょっと残念です。牌理や押し引きに比べると、読みは不確かな要素もありますからね。しかし、それだからこそ一定レベル以上では習得や開拓が必須な領域かと思います。動画配信の反響が少ないとしても、8割方当たる読みのカテゴリーはブログの中でもかなり秀逸な印象があります。
No.3
7ヶ月前
このコメントは以下の記事についています
現役麻雀プロの実戦で役立つ読み講座 vol.2 現役麻雀プロの実戦で役立つ読み講座 vol.3 現役麻雀プロの実戦で役立つ読み講座 vol.4 現役麻雀プロの実戦で役立つ読み講座 vol.5 ※1.25倍速、1.5倍速くらいで見ても丁度良いです(笑) このシリーズでよく出てくるキーワードが―― 手牌の再現 仕掛ける前の牌姿を再現して 当たりにくい牌を見極めましょう! ということです。 上家の3副露目は をポンして打 でした。 仕掛けた牌と、仕掛けて切った牌の3枚が手牌の再現の元 この場合は仕掛けた牌 と、仕掛けて切った牌 の3枚で 上家は というブロックが手元にあった  と再現するのです。 4副露目は をポンして打 です。仕掛ける前の手牌の再現をすると――  です。  はこの時既に2枚切れでした。 の中に入る牌は何でしょうか? このように考えるが再現のプロセスです。 Q・打8万は暴牌ですか? という質問でした。結論だけをいうと暴牌なのですが
現役麻雀プロがガチで「天鳳位」を目指すブログマガジン
このブログマガジンは、オンラインネット麻雀「天鳳」の最高峰である「天鳳位」を、現役のAリーガープロ雀士である私こと木原浩一が、本気で目指し日々奮闘する様を描いた自戦記、「天鳳」の実戦譜を使った戦術論、麻雀に関するコラム&エッセイ等を、思いつくままに徒然と更新していくものです。