• このエントリーをはてなブックマークに追加

lambさん のコメント

ごめんなさい、昨日の記事についての質問です。こちらでよろしいでしょうか?


ノーテンならトップと21300点差、3着、4着とは12000以内の差
テンパイならトップと17300点差、3着、4着とは14000以上の差です。

ノーテンの場合と比較して、テンパイであればトップ率は約4%上昇
ラス率も約3%ダウン、平均順位は0.15以上アップしますね。


この部分の順位変動と平均順位の数値はどこのデータを参考にしたものなのでしょうか?
No.2
2ヶ月前
このコメントは以下の記事についています
今日の牌譜添削はDさんです。 木原さんの打ち筋を真似してます―― とのことで 確かに、ちょっと打ち方似てますね(笑) ※参照記事・ ブロマガ   note この記事でも紹介しているとおり、 上達の近道はコピー だと思います。 この人ならこう打つだろうなー  というイメージを持ちながら、打ち方を真似してみる練習ですね。 最初は上手くいかなくても、そのうち何ががつかめてくるかもしれません。 まずこのシーン、何を切りますか? ほう・・・ これはおそらく上家の仕掛けをケアした選択なのだと思います。 テンパイ不明、打点不明にケアするのはメチャクチャ損 今日はこれを覚えて下さい。確かに上家が テンパイしていたら、 6p も 7m も危険な牌ですが―― 高いことが確定している場合 テンパイ濃厚だとわかる場合 これ以外は無視するようにしてください。 もちろん同じように、 ダマテンケアなど言語道断 です。 例えばドラが 中 だとしたら、上家の打点は8000点からです
現役麻雀プロがガチで「天鳳位」を目指すブログマガジン
このブログマガジンは、オンラインネット麻雀「天鳳」の最高峰である「天鳳位」を、現役のAリーガープロ雀士である私こと木原浩一が、本気で目指し日々奮闘する様を描いた自戦記、「天鳳」の実戦譜を使った戦術論、麻雀に関するコラム&エッセイ等を、思いつくままに徒然と更新していくものです。