• このエントリーをはてなブックマークに追加

チャンネルと同時入会でプレミアムが初月無料!(0円)

自分だったら・・・という読みは禁物
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

自分だったら・・・という読みは禁物

2020-05-28 12:00
    6f5be7ce39b81c9999341ca116768e0969e8fd5e

    対面は四索:麻雀王国をチーして打三索:麻雀王国でした。
    対面の手牌に残っているであろうソーズの形、わかりますか?

    ドラ3の牌姿は読みやすいですね。あれはおそらく――

    28cd15add07d3f39bc203ed679354f121bfd3722

    仮にあれが二索:麻雀王国五索:麻雀王国待ちのテンパイだとしたら――

    三索:麻雀王国三索:麻雀王国四索:麻雀王国五索:麻雀王国六索:麻雀王国六索:麻雀王国裏:麻雀王国裏:麻雀王国 ※裏:麻雀王国は雀頭

    ここから打六索:麻雀王国として
    三索:麻雀王国裏:麻雀王国シャンポン待ちテンパイからの待ち替えです。

    ぐぬぬ・・・ あり得ますね。

    三索:麻雀王国三索:麻雀王国四索:麻雀王国五索:麻雀王国五索:麻雀王国六索:麻雀王国六索:麻雀王国

    あと忘れてはならないのがこの形
    六索:麻雀王国としてから 四索:麻雀王国チー → 打三索:麻雀王国 です。

    いづれのケースでも対面が、手の内に
    もう一枚三索:麻雀王国を持っている可能性が激高なので――
     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    次回配信予定
    • 2020/07/15
      平均という指標の罠
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。