• このエントリーをはてなブックマークに追加

チャンネルと同時入会でプレミアムが初月無料!(0円)

特南の歩き方 牌譜添削version
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

特南の歩き方 牌譜添削version

2020-05-30 12:00
  • 5
今日の牌譜添削はAさんです。
3回目ですが5分割の思考、見違えたのではないでしょうか?

70c4e8cd04d5becbaf6e8dc405bd5e28dece0e54

例えばこの牌姿、以前なら九索:麻雀王国を打っていたと思います。

六索:麻雀王国の孤立 + 七索:麻雀王国九索:麻雀王国ターツ と考える

現状この牌姿はターツ不足なわけですから
ターツの種は残し、字牌から切り出すべきなのです。


今日の牌譜添削では、ターツ不足なのに字牌を残すケース

・ゴミすぎて草が生えるケース
・役牌を仕掛けようと思っているケース
・とにかくアガリが大事なケース

この3点についてお話します。


33240b6b8194072b605ab0a1caccbf2cdad498b3

・ゴミすぎて草が生えるケース

たとえばこんな牌姿です。控えめに申し上げても
かなり悪い、アガリにくそうな素材であることは一目瞭然です。

こういったケースでは、ターツ不足でも役牌孤立を残します。
とりあえず九索:麻雀王国あたりをリリースしておきましょう。

1aed968fa7c067dee3ac5fe0b1a9282e4c7ed1e4

これもかなり悪いですね。九萬:麻雀王国から打ちます。

32cb8ad238b768aca7f4fc1dbf864585e61a3d67

これも相当悪いので一索:麻雀王国を打ちます

新たなターツが出来たところで、テンパイ、アガリにあまり
近づかない牌姿では、字牌(役
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

×
いつも添削ありがとうございます。

成長していることがわかって安心しました。
字牌の残しですか… なかなか難しいお題ですね
面前で上がれそうか考えながら練習してみます。
(次回添削いただく際に5分割の思考が崩れていなればよいですが)

〇打2sの場面
7mでイーペーコが確定するので、2枚のロスは承知で2sを打ちました。
打牌maxでリーチしても2000点だと少し寒いなと感じてしまいまして。

〇染めてについて
チンイツ狙う場合はガンガン鳴いていきます(笑)

〇記念立直について
打点上昇、親の立直でしょうか。
(トップ目だからというのはあまりメリットには感じなかったです。)
1ヶ月前
userPhoto
木原 浩一
×
いつもありがとうございます

スモチさんは先制リーチのメリットを過小評価していると思います。自分がこの局面で相手にリーチをかけられるとどう思うか? 対戦相手の気持ちになって考えてみましょう。
1ヶ月前
×
立直されたらいやですね。
現状、追っかけられて放縦するとリードが無くなると思うと
あまりかけたくないと考えてしまいます。
(うまい人と比べると立直時の放縦率が高いので)
1ヶ月前
userPhoto
木原 浩一
×
リーチ後放銃率とか裏ドラ確率を気にする強者はいませんよ。

大事なことなのでしつこくいいますが、リーチ後に放銃することだけがリスクではありません。オリてしまったり、相手に自由に打たせてテンパイを入れさせてしまったり、ツモられてしまうのもリスクです。

背負うリスクをその都度選択していきましょう。
1ヶ月前
×
ありがとうございます。
リスク考えながら打っていきます。
4週間前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。