• このエントリーをはてなブックマークに追加

チャンネルと同時入会でプレミアムが初月無料!(0円)

特南の歩き方 牌譜添削version
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

特南の歩き方 牌譜添削version

2020-09-25 14:00
  • 2
今日の牌譜添削はSさんです。

かつては八段に到達経験があるものの
2年ほど特上卓で低迷しているとのことです。

9c80c770d70f066928e7d0ca8677aee6c08cc4a1

副露判断と牌効率に自信を持てないとのことでした。

たとえば上の牌姿になった時
Sさんは、どのような未来予想図を描きますか?

e2fa8dc238d1364f7cb7591262fbf73d96021d88

Sさんは副露判断が悪いのではなく
最初から副露する前提で手を組んでいるのではないでしょうか?

完成メンツが1つ、両面が2つある3巡目の牌姿、もちろん中:麻雀王国は仕掛けますが、打点を狙うなら門前リーチも視野に入れるべきです。

門前リーチを狙うなら、両面受けに手をかけませんよね

3144738fcc4a9ef17238d32877b03f234729dac7

打点を見たいなら前巡のドラを残しますし
危険牌先切りであれば一萬:麻雀王国も先に切ってしまいそうです。

これはおそら「鳴き三色」も
視野に入れているのではないでしょうか?

副露判断を矯正するには手組から

手役を狙ったりするよりも
門前リーチを強く意識してみると良いと思います。

そうすると残そうとする牌も自然と変わってくるはずです。

c68eff1897df57f2d175d52ef5fca798e6049cee

門前+好形リーチ
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

次回配信予定
  • 2020/10/27
    そろそろワイのウマぶりも披露していくわ
  • 2020/10/28
    副露が多いステージ、副露が少ないステージ
  • 2020/10/30
    なぜ三色はしつこく狙うべきではないのか?
×
添削ありがとうございます!(ノ´∀`*)

打点低かったり、愚形で見合わない勝負してるかもなあって
最近ぼんやり思ってました。
確かに鳴き前提などで手組みしてたかも。
そのへんが一因かもですね。

これでも昔より改善した方と思っていたのですが
もう一度「メンゼン・好形」を意識してみます

「見えないもの」、「なんとなく嫌だ」への恐怖、
なかなか勇気がいりますが
まずは意識してみたいと思います!
1ヶ月前
userPhoto
木原 浩一
×
いつもありがとうございます

なかなか勇気がいりますが ← そうですね。勇気がいることだと思います。まずは自分の手牌の価値を見つめ直してみましょう!
1ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。