• このエントリーをはてなブックマークに追加

チャンネルと同時入会でプレミアムが初月無料!(0円)

2020年度版 現役麻雀プロがガチで天鳳位を目指すブログマガジンが選ぶMリーグランキング 第9位
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

2020年度版 現役麻雀プロがガチで天鳳位を目指すブログマガジンが選ぶMリーグランキング 第9位

2021-01-27 12:00
    ea02b94499d6ac2069c282947bef44c92199900c

    まだバラバラの牌姿から白:麻雀王国のアンカン。
    この選択をする男は、Mリーガーの中でも唯一彼だけだろう。

    86b5c7aa74a5047c94e9ba8180bef97f80dc9770
    8位・鈴木たろう前回2位

    加点を逃すのは最大の罪だ と、私に教えてくれたのはこの男である。

    1cdcefe95bc795bb3f42905a12ca5f0d888d04c8

    南3局、少し抜けたトップ目の選択。
    小林プロのリーチ、親の内川プロも明らか勝負に来ている。

    ド終盤にテンパイしたがどうするか――

    83dcea59a450a0102008b27b5a708857047aa803

    りーちにゃ

    確かにドラ赤が既に6枚見えていて
    たとえ放銃になったとしても安かろうと思えなくもない。

    本来ゴミのような手だが、この状況ならば打点は不要。
    1局消化に価値がある局面だからこそ―― ということ。

    この二索:麻雀王国は小林プロに刺さり、思惑通り?
    1300点を支払って、トップを維持したままオーラスを迎えます。

    3dd00065b79b43bb8d1356cb375b945ac8e4cfad

    オーラス、トップ目二階堂プロとは16800点差。
    マンガン直では届かない、ハネマンツモなら親被りで逆転です。

    というわけで、ここで当たり前のように
    おもむろにテンパイを外すポジティブモンスターがいるのです。

    b39ca9b2864f731887fba9a492e8a4a9bb0f9176

    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    次回配信予定
    • 2021/03/20
      果てしなく遠い「次回」の話
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。