• このエントリーをはてなブックマークに追加
【Mリーグ】オーラス、それぞれのストーリー
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【Mリーグ】オーラス、それぞれのストーリー

2022-01-17 15:30
  • 6
cb6277a01f384963b835755f8fbc83c85be691e2

黒沢咲の場合

トップの勝又選手とは14000点差
つまり逆転には、ハネマンツモorマンガン直撃条件だ。

この素材で逆転劇は到底望めない。
ならばここは2着キープに舵を取るのがセオリーだろう。

2689ab1f3732660dc17331101c5dae457dfe6328

黒沢選手がそうしなかったのは
現在置かれているチームポイント状況にある。

チーム雷電はこの半荘含め、残り33半荘で
少なくとも500ポイントは稼ぎ出さなければならない。

だから狙えるトップは全て狙う―― 
という方針、それはわかる。

d80d42e9752988912ec08eb337e3b3b8e3dd1fae

この素材でハネマンを成就する可能性と
3着以下に落ちる可能性、比べるまでもないだろう。

残り30半荘以上、2着を取りこぼす罪

確かに雷電はトップが欲しい。と同時に
2着をこぼすことが罪深いポジションにもある。

プラスの6チームが取りこぼす2着と
雷電が取りこぼす2着とでは、後者の方が遥かに痛い

残り7半荘でこのポイント差ならわかる。

しかしまだここは最後まで前線に
とどまるべく、全力で2着を死守すべきだろう。


この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

コメント コメントを書く

皆迷走してたなー、と視聴しながら感じていました。
判断力が鈍ってしまうのがMリーグという場なのか…それともこれが実力なのか?

No.1 4ヶ月前

面白い記事ありがとうございます。
せっかくの名勝負が迷勝負になってる感じだったのですね。
松ヶ瀬さんの打牌選択は人読み込みの打牌選択だったんですね。選択することが多い麻雀というゲームで引き出しが多い、しっかり状況分析出来る打ち手は勝っていくんでょうね。
反対に雷電は自分たちの美学を貫いていくんでしょうね。ハマれば強いのだろうけど…。

No.2 4ヶ月前
userPhoto 木原 浩一(著者)

いつもありがとうございます

>元赤い人さん 〇〇しなければならない と思い込みな気がしますねー

>どどどーやさん 優劣はともかく、見ている分には面白かったですけどね(*^-^*)

No.3 4ヶ月前

魚谷さんが「競技人生にダメージを負うかもしれない」から差し込みしないって言ってたみたいに、文化的な制約があるんでしょうね。

No.4 4ヶ月前

瀬戸熊さんのオーラスの選択はいわゆる面白い麻雀だったのか(あそこはドラの八を勝負してこそ面白いような気が...)気になっていましたが、その後のご自身の弁明で「素点も考慮して~」、というのを見てさらに面白い麻雀の謎が深まりました。
自分で不利や損と分かっていても勝ちに行くための選択をする、してほしいなと思いました。

No.5 4ヶ月前
userPhoto 木原 浩一(著者)

いつもありがとうございます

>ホンミンさん  おそらく個人的な制約でしょうね

>hajimoさん ビタ止めしてテンパイ取れたら「面白い」のかもしれませんね。

No.6 4ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。