• このエントリーをはてなブックマークに追加
九段坂奮闘記・302~305戦目
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

九段坂奮闘記・302~305戦目

2015-08-28 12:00

    bdc4a1b1ed603a86aabbb870a4780b9133828027

    勝負手目一杯か かわし手スリムか
    このあたりの判断が非常に悩ましいところです。

    ネックとなる
    mは2枚切れ、mmの縦引きで完全イーシャンテンへの変化もあります。対して6pは3人無筋・・・ぐぬぬ・・・

    2650b994d5733e1cc0a0690b0b63f5f92433d027

    間に合わなかったm、河に並んだ567p
    これを仕方ないとわりきってしまってもいいものだろうか?

    どこかでリスクを負わなければならない局面が必ず来ると思います。
    そのリスクを軽視しすぎてもいけないし、リスクに怯えすぎてもいけません。

    ラス目と大差の点数状況であれば「怯えすぎ」の部類に入りますかね?

    3e388aa6dbb570034d07e88e177fc2e474b15c82

    天鳳マニュアルでは南場のラス目の親には厳しく!です。
    浮上の最大のチャンスである最後の親番を潰すのはものすごく大事なこと。

    このmをチー・・・ するのはどうでしょう?
    南3局ならチーテンに取りそうですが、
    南1局だとスルーより。南2局で微妙・・・・

    二萬:麻雀王国二萬:麻雀王国三萬:麻雀王国四萬:麻雀王国三筒:麻雀王国四筒:麻雀王国一索:麻雀王国二索:麻雀王国二索:麻雀王国二索:麻雀王国六索:麻雀王国七索:麻雀王国八索:麻雀王国

    また、この牌姿であればテンパイに取りそうですね。

    9010e5225a5126ce9ead31108638f4739ba543f7

    今回は決定打狙いを優先

    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    次回配信予定
    • 2019/09/21
      特南の歩き方 麻雀の練習について
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。