• このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊金融日記 第549号 営業と広報をぜんぶクビにするイーロン・マスクの経営がすごすぎる、FTXはクリプト版セノラスかマドフ、香港のフレンチで北海道産ハマチを食べて気候変動を考えた話、ルッキズムは本当に蔓延っているのか、他
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

週刊金融日記 第549号 営業と広報をぜんぶクビにするイーロン・マスクの経営がすごすぎる、FTXはクリプト版セノラスかマドフ、香港のフレンチで北海道産ハマチを食べて気候変動を考えた話、ルッキズムは本当に蔓延っているのか、他

2022-11-22 23:37
    // 週刊金融日記
    // 2022年11月22日 第549号
    // 営業と広報をぜんぶクビにするイーロン・マスクの経営がすごすぎる
    // FTXはクリプト版セノラスかマドフ
    // 香港のフレンチで北海道産ハマチを食べて気候変動を考えた話
    // ルッキズムは本当に蔓延っているのか
    // 他

     こんにちは。藤沢数希です。
     この一週間、世界第2位だったクリプト交換所のFTXの破綻が、人類史上最大のポンジであることが発覚しつつあったり、Twitterを100%買収したイーロン・マスク氏がいきなり世界で6割以上の社員をリストラする様子が、それこそTwitterからリアルタイムで流れてきて、もう、とんでもない情報の洪水でヘトヘトでした。

    ●FTX「前代未聞の経営」 記録不十分・資金流用疑いも 新CEOが批判、裁判所資料で
    https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。