• このエントリーをはてなブックマークに追加
一人のファンによる『ファイナルファンタジーVII』2Dリメイクの道
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

一人のファンによる『ファイナルファンタジーVII』2Dリメイクの道

2014-10-07 09:00
  • 34
95d1163c2c51b601b03160baf6946a302f138b93


2D「ディメイク」を制作中の23歳。仕事や恋愛と2Dプロジェクトを両立させるのは難しそうです。

オーストラリアのウェブ開発者、23歳のルーカス・ブラウンさんは、『ファイナルファンタジーVII』の2Dリメイク版を『RPGツクール2003』などを使って一人で作っています。 2008年から断続的に作り続けているというブラウンさん。全てのシーンをリメイクするつもりはないようですが、すでにメニューや戦闘システムは「非常に細かいところまで」再現してあるそうです。近いうちに、最初のミッションだけでも完成させてプレイアブルなものにしたいと考えているとのこと。 それでは、これまでにブラウンさんが公開している動画を見てみましょう。

qhimmというサイトの手を借りたりしながらも、独自のスクリプト言語と『RPGツクール2003』で、敵のAIやリミットブレイクなども再現しています。米Kotakuへのメールで、ブラウンさんはこう書いています。
ここ数年で、多くの人が『FF7』の2Dリメイク版に挑戦し、そして失敗していきました。だから挑戦してやろうと思ったんです。僕のゴールは、もし『FF7』が3Dではなく2Dで制作されていたら、作られていたであろうモノを作ることなんです。

動画や大きい画像はコチラ

この曲は『ファイナルファンタジーVII』のPC版から取ってきたものだとか。「きっと、PC版の『FF7』がMIDI使ってることを喜ばしく思ってるのって、僕ぐらいのものなんだろうなぁ」とブラウンさんは語っています。  


残念ながら今のところは、これくらいしか我々が見られるものはありません。 ブラウンさんは「今はフルタイムで働いているし、大切なガールフレンドもいるんです。SteamやAndroid/iOS向けにリリースする権利が自分にあるゲームを作りたいとも思ってます。だからこの2Dリメイクはしばらく棚上げです。でも時々は、モチベーションの閃きがあったときにはこっちのプロジェクトを進めます。この話が記事になって公開されれば、やる気が出て、完成させることができるかもしれませんね!」とも語っています。 『RPGツクール2003』でそれぞれのシーンを再現するために、ブラウンさんは手書きで一ピクセルづつ背景を描いているんだとか。こちらはミッドガルの魔晄炉内部のアウトラインです。


188384ec234f4de48d8d318fe80e262da997cb62『FF7』の全てをリメイクするというのは、私の目標以上のもの、私の夢といったほうがいいかもしれません。700以上のシーンがあり、1シーンをリメイクするのに最低でも1週間はかかるんです。単純計算しても、どれだけ時間がかかるかお分かりになると思いますが、キャラクターや敵のスプライトを含めなくてもこれだけ時間が掛かるんです。 でも「もし2Dで作られていたら」という点では、爆破ミッションは是非完成させたいですね。でもこの作業がなかなか進まないんです。バレットのアニメーションと敵のスプライトがいくらか、あと7シーン完成させないと終わりませんね。
数年前には、スクウェア・エニックスからの待ったの声がかかり、開発中止になってしまった『クロノ・トリガー』のファンメイドゲーム『クロノ・トリガー・レザレクション』がありましたが、ブラウンさんは彼のプロジェクトがそんなことになるとは心配していないようです。
スクウェア・エニックスの行動には一貫性がありませんよね。スクウェア・エニックスの著作権を侵害しているほとんどのプロジェクトは全く気づかれずにいますが、数少ない目立っているプロジェクトに声がかかるんです。僕がこのプロジェクトの公開予定とかを明らかにしないのも、スクウェア・エニックスに行動を起こされないようにするためです。
僕の個人的なゴールはもう満たされています。複雑なゲームメカニクスをデザインして実装する経験を積めましたし、3Dゲームを雰囲気はそのままに2Dゲームにできるか? という僕の疑問にも答えが出ました(ヒント:答はイエス!)。
前世紀(1997年)に発売された『ファイナルファンタジーVII』ですが、今でも人々を魅了してやまない作品です。米コメント欄では「おいおい、Kotakuが取り上げてこのプロジェクトが目立ったら潰されるんじゃないか?」などのコメントもありますが、ブラウンさんには是非プレイアブルなものの公開にまでは漕ぎ着けてもらいたいところです。


一人のファンによる『ファイナルファンタジーVII』2Dリメイクの道[Kotaku Japan]
[via Kotaku

(abcxyz)
他24件のコメントを表示
×
クローンゲーム昔ちょっとだけ流行ったよね
80ヶ月前
×
うp主失踪シリーズの仲間入り
80ヶ月前
×
自キャラは2頭身、敵キャラは天野感が足りない
80ヶ月前
×
2D原理主義の懐古厨と3D原理主義のガキは癌
FF面白くなくなったのは3Dになったからじゃない。
また、ムービーが懐古厨に叩かれてたりするけど、ムービーにこだわってるのがが悪いんじゃなくて、単にムービーのシナリオ構成がゴミクズなだけ。
80ヶ月前
×
こんなもんより、クロノトリガーリザレクションを作らせてやれよ。スクエニは圧力かけてる暇があるなら自前でリメイクしろカス。
80ヶ月前
×
うーん、悪くはないんだけど、やはりおっさんの自分としては、FF4~6にあるような
2頭身のデフォルメで表現してほしいなあ。作者が外人で年齢も若いからしょうがないか
80ヶ月前
×
日本でも昔2ちゃんねるでFF7を2Dで作るスレがあったね。今はもうないけど
80ヶ月前
×
>こんなもんより
相変わらず456狂信者って宗教じみてて気持ち悪いよねw
多感なガキ時代にやった作品や作風を美化しすぎるあまり他の作風は邪教扱い
ガキ時代に慣れ親しんだドット中世天野以外は邪教扱いして徹底的に弾圧するのが正義だと思い込んでて気持ち悪すぎ
ヘタすりゃ90年~94年以外の作品ってだけで邪教扱いして叩く
ガキ時代の思い出を美化しすぎて気が狂ってるね。456狂信者は
だが456狂信者もドット中世天野を捨てるのは運命だと受け入れるのだ

確かに7は雰囲気や絵が低脳向けだけど執拗に叩いたり毛嫌いするのは高尚ぶったド低脳だよ
80ヶ月前
×
>クロノトリガーリザレクションを作らせてやれよ
SFC信者は普段から「想像できるドットが至高!■のドットは芸術!PS以降のCGはクソ!」が口癖のくせに
思い出を美化してくれるCGリメイクだけは大歓迎かw
まぁ思い出を美化することしか頭にないSFC信者はそんなもんだよねw
思い出を美化することしか能のないSFC信者は哀れ
80ヶ月前
×
マザー4みたいにメーカーにおこられるぞやめとけ
2Dならすでにレコードキーパーでしてるわけだし
78ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。