• このエントリーをはてなブックマークに追加
絶滅した三葉虫の本来の姿を3Dプリンターで再現
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

絶滅した三葉虫の本来の姿を3Dプリンターで再現

2016-01-29 12:30
  • 56
三葉虫


今や個人用にも普及し始め、様々な用途で使われている3Dプリンター。そんな3Dプリンターを使って、約2億5000万年前に絶滅した三葉虫の姿を立体化するというプロジェクトが登場しました。
 


【大きな画像や動画はこちら】

こちらはNerdistが取り上げたもの。

三葉虫というと、平たく薄い化石のイメージが強い方もいるかもしれませんが、実際はこんなに厚みがあって長いアンテナのついた生き物なんですね。ダイオウグソクムシなどに通じる、鎧っぽいカッコよさがあります!

本プロジェクトは、シカゴ大学の生化学の助教授であるアラン・ドラモンドさんが始めたもので、その過程は化石ファンの集まるオンラインフォーム「The Fossil Forum」で公開されています。

フォーラムによると、この3Dプリント三葉虫のモデルは「セラウルス」。アランさん曰く、複雑な殻と美しい曲線を描きくボディを持ち、いかにも三葉虫らしい形をしているだけでなく、他の三葉虫に比べて棘が太いので3Dプリントにも適しているため、「セラウルス」を選んだんだとか。

モデルは3Dソフトの「Blender」で制作されています。最初はプラスチックで試し、後に金属でプリントしたそうです。

こちらの3Dプリント三葉虫は「Shapeways」で販売中。なお、Shapewaysは日本からの購入にも対応しています。


ソース:The Fossil ForumShapewaysNerdist

傭兵ペンギン

関連記事

RSSブログ情報:http://www.kotaku.jp/2016/01/3d-print-metal-trilobite.html
他46件のコメントを表示
×
化石は上層が堆積するうち圧縮されるから、外骨格なんか潰れた状態で出土するんじゃないかな?
生きてるの見てみたい気もするけど、こんなのが草履大以上でウヨウヨしてたら何かやだ
57ヶ月前
×
それで、どうやって食べるんです?
57ヶ月前
×
金属でもプリントするって言うんだ
57ヶ月前
×
かっけえええ!!
57ヶ月前
×
かっこよすぎィ!
57ヶ月前
×
FFの雑魚かな?
57ヶ月前
×
化石は大体ぺったんこだけどけっこう厚みがある
57ヶ月前
×
かっけええええ!!
57ヶ月前
×
滅ぼそう(EDF感
57ヶ月前
×
WARNING!!
A HUGE BATTLE SHIP
ANCIENT CRAWLER
IS APPROACHING FAST
57ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。