• このエントリーをはてなブックマークに追加
She said, I said. #6
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

She said, I said. #6

2012-09-28 03:47
    更新が遅くなりました。今回は哲哉の妹・由紀が登場します。自分ではけっこう気に入っているキャラ造形。

     窓際の柱の真後ろという、学生なら誰もがあこがれる特等席に座る春香が授業中に何をしているかといえば、ノートをとるでもなく寝るでもなく、ひたすら図書室から借りた本を読むのだ。堂々と机の端に三冊くらい積み上げたりして、片っ端から読む。日がな一日読む。読んだそばから返してはまた借りているので、常時五冊くらいは図書室の本をキープしている。そんなことになっているのはもちろん祐介さんの英才教育の賜物なのだが、この女、読んだものが頭の中身にろくに反映されないという特異な性格をしている。だから偏差値は五九だし、『檸檬』は読めるのに『包茎』が読めないし、ツルゲーネフとドストエフスキーとトルストイを登場人物の名前まで含めてごちゃごちゃに覚えている。これが本当の活字バカだ。

     そして五限目の古文を、春香は村上春樹の『パン屋再襲撃』を読んで過ごしている。よりによってその本か、と左斜め二つ前の彼女を見ながら思う。以前読んだことがあるが、「ファミリー・アフェア」という仲の良い兄妹の話が収録されているのだ。そして村上春樹だから当然のごとく性的な内容になるわけで、ほらケータイにメールが届いた。

    『アンタ去年コンドーム買ったの?』

     額を机に打ち付けそうになった。春香の様子をうかがうと、口を尖らせ、不機嫌そうに僕を横目でじろり。説明しておくと「ファミリー・アフェア」には、兄が一七歳のときにコンドームを買ったことを妹が知っており、妹が一九歳のときにレースの下着を買ったのを兄も知っているという記述がある。それが春香の手にかかればこういうメールが生まれるわけ。

     となれば返信は決まっている。

    『お前は来年レースの下着買うのか?』

    「買うか変態ッ!」

     春香が真っ赤になって叫び、教室中の目が集まった。

    「有原ぁ、本は好きなだけ読んで構わんが声に出さなくてもいいぞぉ」

     古文の教師がのんびりと言って皆が笑う。僕を睨み据えながら縮こまる春香。言動は常に意味不明な女だがこういう反応は極めて読みやすい。なにしろバカだから。

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。