• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

りゃんさん のコメント

憲法改正について、わたしのもともとの方向は2項削除です。1項は残してもいいし、残すべきだと考えています。まずこれはおさえておいてくださいね。

改正すべきと考える理由は平凡な理由でとくに突飛なものではありません。
第一の理由は、あなたにわかる表現でいうなら、ディープステイトから独立するためです。第二の理由はたびたび申し上げているように、米国が悪いと百万回くりかえしても、米国以外が良い国になるわけではないからですね。
No.6
1ヶ月前
このコメントは以下の記事についています
A -1 : 事実関係―1 見出し ・朝日新聞、 「改憲勢力三分の二は届かず」 「自公改選過半数」 「野党共闘一人区10勝」 ・読売新聞「与党勝利改選過半数」「一人区自民22勝10敗」 ・毎日新聞「改憲勢力三分の二は届かず」「自公勝利 改選過半数」 ・日経新聞「与党が改選過半数」「改憲勢力は三分の二割れ」 ・東京新聞「改憲勢力は三分の二割る」「自公改選過半数は確保」 A-2  事実関係2 朝日:  参議院の新勢力 過半数123 三分の二164 (残り1)  改憲勢力 160 今回選挙(カッコ内は改選議席)  160 自民57(67)、公明14(11)、無所属与党系3(3)維新10(7)  非改憲勢力83(毎日の数字) 立憲17(9)、国民6(8)、共産7(8) B :評価: ・今回選挙の最大焦点は改憲勢力が三分の二を取れるかであったが、三分の二に必要な164に届かず160に終わった。 ・首相は「国民民主の
孫崎享のつぶやき
元外務省情報局長で、駐イラン大使などを務めた孫崎享氏。7月に発行された『戦後史の正体』は20万部を超えるベストセラーとなり、ツイッターのフォロワーも5万人を突破しました。テレビや新聞が報じない問題を、日々つぶやいている孫崎氏。本ブロマガでは、ツイッターにさらに情報を加え、最低でも週1回発行します。月額105円。【発行周期】不定期。高い頻度で発行します。