• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

changeさん のコメント

国際的問題に発展している中国の新型ウィルスに対処する中国政府の行動はすさまじい。

1000が収容できる病院を作ると報道している。土地を整地するのに20~30台のクレーンが動き回っている航空写真がテレビで報道されている。1週間以内に完成させるという。この方式が適用されれば各国の企業が戦うのは困難でしょう。恐ろしくなる。中国らしいやり方である。

内実はわからないが、中国のことであり、中央と地方の意思疎通が通じていなかったのでしょう。多分地方は各種会議があり中央に知らせず内内に処理できると考えていたのでしょう。報道の仕方が極めて不自然な発表であった。習近平が20日ごろ知るところとなって、一気に動き出したところが独裁国家らしい。
No.3
2ヶ月前
このコメントは以下の記事についています
朝日新聞:米中どちらにつく?  ASEAN 加盟国で調査(朝日) 米国と中国のどっちに味方する?  シンガポールの研究機関、 ASEAN 研究センターが今月、東南アジア諸国連合( ASEAN )の 10 カ国に、二択で尋ねた調査の結果を発表した。回答者 1308 人のうち米国派は全体で半数を超えたが、中国派が上回った国は七つに上った。  調査は、シンガポールの「 ASEAN 研究センター」( ASC )が昨年 11 〜 12 月に ASEAN 加盟国の研究者や政府機関の職員、ビジネスマンら国際情勢に一定の知識のある人を対象にネット上で実施            中国         米国   ラオス     73.9        26.1  ブルネイ    69.1        30.9  三ヤンマー   61.5        38.5  マレーシア   60.7        39.3  カンボジア   57.7      
孫崎享のつぶやき
元外務省情報局長で、駐イラン大使などを務めた孫崎享氏。7月に発行された『戦後史の正体』は20万部を超えるベストセラーとなり、ツイッターのフォロワーも5万人を突破しました。テレビや新聞が報じない問題を、日々つぶやいている孫崎氏。本ブロマガでは、ツイッターにさらに情報を加え、最低でも週1回発行します。月額105円。【発行周期】不定期。高い頻度で発行します。