• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

oldjapさん のコメント

「日本の右グループに「親米保守」が「民族軍国主義」に転換する可能性が出てきた」と孫崎氏は仰るが、そんなことはない。石原慎太郎元東京都知事は、「Noと言える日本」と言う本を書いた1989年頃から、反米、国粋主義者であった。1月8日のフジテレビの「プライムニュース」なる番組に出演した桜井よしこ氏は、米国との協力を説いていたから、「民族軍国主義」に転換したとは言えなさそうだ。田母神氏は、自衛隊にいたから専門家のはずだが、自衛隊が脱皮して民族主義に基づく軍隊に変身することなど、軍事技術的にあり得ない、仮にそれを試みたら、もう一度押し潰されるだけだと解っていないとは俄かには信じ難い。「民族軍国主義」など、「宇宙戦艦ヤマト」程度の夢想に過ぎない。両者とも害毒を流しているが、桜井は有毒度が低い単なる情緒的国粋主義者でしかないし、田母神はヒットラーに似た単なる阿呆だと思う。
No.6
77ヶ月前
このコメントは以下の記事についています
 昨日、高野孟氏と日本の右派について論じた。高野氏は次の見解を述べていた。「右派には自立派と対米依存派と両方いる。ソ連敵視が接着剤の役割を果たしていた。今その役割を中国敵視が果たしている。しかし、憲法改正、靖国参拝などが前面に出ると、両者の主張は対立する。安倍首相もこの間に入って股裂き状態に入ってしまった」 右派グループは圧倒的に対米追随右派であった。しかし、自立派右派が発言を持つと、対米右派は弱い。今その現象が出始めた。   田母神氏はともかく、櫻井よしこ氏はサンケイ系で、日本の言論界で相当の影響力を与えてきたと思える。 私は櫻井よしこ氏の言論を注意深くフォローしてきたわけでないので、とりあえずウィキペディアを引用する。 「対外政策に関しては親米保守的であり、イラク情勢については共和党の見解とほぼ同じ考えを表明している。」 「日本経済を再建し、中国の覇権拡大を阻止するためには、 TPP への参
孫崎享のつぶやき
元外務省情報局長で、駐イラン大使などを務めた孫崎享氏。7月に発行された『戦後史の正体』は20万部を超えるベストセラーとなり、ツイッターのフォロワーも5万人を突破しました。テレビや新聞が報じない問題を、日々つぶやいている孫崎氏。本ブロマガでは、ツイッターにさらに情報を加え、最低でも週1回発行します。月額105円。【発行周期】不定期。高い頻度で発行します。