• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

麻雀最強戦2014ファイナルC卓 観戦記
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

麻雀最強戦2014ファイナルC卓 観戦記

2014-12-17 10:00
    麻雀最強戦ファイナルで繰り広げられた激闘を紹介!

    ファイナルA卓、B卓が長丁場だった。だが、このC卓は雀王・鈴木たろう、鉄人プロ代表・瀬戸熊直樹、全国アマチュア最強位・時岡史明、フジテレビワンツネクスト代表・岩井勇気という攻撃タイプが勢揃い。さぞかしサクサクと対局が進むかと思われた。が、それは単なる願望に過ぎなかった…。

    このC卓の戦いを一言でまとめるなら連荘と鉄メンタルである。たろう・時岡の連荘と精神力のタフさが際立った対局だった。

    まず飛び出したのが岩井である。下家・たろうの仕掛けにかぶせるようにリーチ。
    T2 北家・岩井
    pai_s_1s.jpgpai_s_2s.jpgpai_s_3s.jpgpai_s_4s.jpgpai_s_5s.jpgpai_s_6s.jpgpai_s_5m.jpgpai_s_5m.jpgpai_s_2p.jpgpai_s_3p.jpgpai_s_7p.jpgpai_s_8p.jpgpai_s_9p.jpg リーチ一発pai_s_1p.jpg ドラpai_s_5m.jpg 裏ドラpai_s_7s.jpg

    続く東3局でも岩井が先制リーチ。リーチのみの手だったが、pai_s_9p.jpgをアンカンしてのリンシャンカイホー、そのpai_s_9p.jpgが裏ドラとなりハネ満のツモアガリとなったのである。
    1625ff85b3f603e9274f1f898f7103ee1596acfe

    岩井が飛び出し、サクサクと局が進んであっという間に南入。優勝候補にも名前が挙がったたろうは東場を終えて1万点しか残っていない。今回は岩井の強気な姿勢が目立っていて、このまま押し切ってしまうのではないかと思われた。



    だが、このC卓は東場が前哨戦だったかのように、南場がもつれにもつれた。誰も想像できないほど二転三転したのである。

    まず、南2局、親のたろうの配牌がこれ。
    92887db7466a6d64a510e0170209ffb6f8fce807

    ここから仕掛けを入れて連荘を目指す。だが、pai_s_ton.jpgポンの後、上家の岩井からpai_s_2p.jpgには見向きもしなかった。

    pai_s_1s.jpgpai_s_1s.jpgpai_s_3s.jpgpai_s_7s.jpgpai_s_8s.jpgpai_s_8s.jpgpai_s_9s.jpgpai_s_1p.jpgpai_s_3p.jpgpai_s_hatsu.jpg 出るpai_s_2p.jpg pai_s_ton.jpgpai_r_ton.jpgpai_s_ton.jpg ドラpai_s_8p.jpg

    「仕掛けても相手に対する圧力としては弱い」「親リーチの可能性がないことで、子に攻め返される可能性がある」ことを意識したか。たろうは仕掛けの存在感を高めるため、大物手を目指していった。

    その結果、
    pai_s_1s.jpgpai_s_7s.jpgpai_s_8s.jpgpai_s_9s.jpg pai_s_hatsu.jpgpai_s_hatsu.jpgpai_r_hatsu.jpg pai_r_2s.jpgpai_s_1s.jpgpai_s_3s.jpg pai_s_ton.jpgpai_r_ton.jpgpai_s_ton.jpgpai_s_ton.jpg(加槓)
    ドラpai_s_8p.jpg カンドラpai_s_3s.jpg

    なんとあの配牌が18000に化けたのである。これをツモれば一気に戦線復帰を果たすところだが、残念ながらこれは実らず。こういう手をモノにできなかった次はあっさり親番が流れてしまうイメージが強いが、たろうの復活劇はここから始まったのである。

    南2局1本場 東家・たろう
    親で5巡目にこのテンパイが入った。役なしでドラのpai_s_8s.jpg待ちである。子の足を止める意味を含め、ほとんどの打ち手はここで即リーチをかけるに違いない。
    db08b92f897059fc75af0c4134f0a4113ab15b23

    だが、たろうはここでpai_s_9s.jpg切りでテンパイを崩す。南2局のpai_s_2p.jpgスルーもそうだが、全然浮き足立っていないのがよく分かる構えである。即リーチをかける人が浮き足立っているというわけではないが、「そうするのが当然」という機械的思考に陥ることなく、今の状況やこの手の将来性、さらには相手の心理などを冷静に分析し、決断しているようにみえるのである。

    結果、この親満が成就する。
    pai_s_2p.jpgpai_s_3p.jpgpai_s_4p.jpgpai_s_5p.jpgpai_s_5p.jpgpai_s_2m.jpgpai_s_3m.jpgpai_s_4m.jpgpai_s_6m.jpgpai_s_7m.jpgpai_s_8m.jpgpai_s_3s.jpgpai_s_4s.jpg リーチ一発ツモpai_s_5s.jpg ドラpai_s_8s.jpg 裏ドラpai_s_pe.jpg

    このアガリを見た解説陣は

    萩原「さすがです」
    片山「さすがです」

    と口をそろえて絶賛。これでたろうは配給原点までスコアを戻した。



    続く南2局2本場は全員がぶつかった。

    先制したのは東家・たろう。文句なしの打pai_s_1s.jpgの即リーチである。
    pai_s_3m.jpgpai_s_4m.jpgpai_s_5p.jpgpai_s_5p.jpgpai_s_5p.jpgpai_s_6p.jpgpai_s_7p.jpgpai_s_8p.jpgpai_s_1s.jpgpai_s_2s.jpgpai_s_2s.jpgpai_s_4s.jpgpai_s_4s.jpg ツモpai_s_2s.jpg ドラpai_s_3m.jpg

    このリーチ宣言牌を瀬戸熊がポンテン。高目チャンタで5200のテンパイで応戦する。本来はメンゼンでテンパイさせたかった(1枚目のpai_s_haku.jpgも動いていない)が、たろうのリーチを潰すために妥協せざるを得なかった。

    南2局2本場 南家・瀬戸熊
    pai_s_7s.jpgpai_s_7s.jpgpai_s_8s.jpgpai_s_8s.jpgpai_s_9s.jpgpai_s_haku.jpgpai_s_haku.jpgpai_s_ton.jpgpai_s_ton.jpgpai_s_ton.jpg pai_r_1s.jpgpai_s_1s.jpgpai_s_1s.jpg

    その後、pai_s_haku.jpgが岩井から放たれ、瀬戸熊はポンしてトイトイにした。
    aacb2b3def675592cb3ae036bb6fbfef75399c54

    岩井もこのpai_s_haku.jpgを捨ててくるのは戦う気マンマンである。岩井の手に浮いているpai_s_8s.jpgが瀬戸熊に飛び込む可能性も十分ある。

    さらに、「最強のアマチュア」時岡がこの戦いに割りこんでいく。イーシャンテンで無スジをバシバシ切り飛ばしていた時岡がテンパイでドラpai_s_3m.jpg切りで勝負。追っかけリーチをかけた。
    6bc85d622aa0bac036b3f923ec76794521c0e487

    直後、瀬戸熊の手がツモったpai_s_6s.jpgを悔しそうに手元に置いた。
    77782596b4f1af2ef775fa82485e7e0a5c583ce8

    瀬戸熊がpai_s_haku.jpgポンしたところでpai_s_ton.jpgを捨てて高目チャンタのテンパイに組んでいれば、このpai_s_6s.jpgで安めながらアガリを拾えていた。おそらく「pai_s_haku.jpgを仕掛けた以上、一番高く構える」「リャンメンにとれば安め3900になるぐらいなら最初から仕掛けない」というのが王道といえる。

    だが、瀬戸熊の解説を聞いたことががる視聴者はよく知っているだろうが、瀬戸熊はアガリ逃しに敏感な打ち手である。「pai_s_6s.jpgで一度アガリを逃した以上、次に待っているのは決して良い結果ではない」と考えるのは容易に想像できる。よってここでpai_s_ton.jpgを捨てフリテンに構えるのはいかにも瀬戸熊らしい対応といえるだろう。

    その直後、時岡がpai_s_5m.jpgを掴み、たろうの7700のアガリとなった。
    pai_s_3m.jpgpai_s_4m.jpgpai_s_5p.jpgpai_s_5p.jpgpai_s_5p.jpgpai_s_6p.jpgpai_s_7p.jpgpai_s_8p.jpgpai_s_2s.jpgpai_s_2s.jpgpai_s_2s.jpgpai_s_4s.jpgpai_s_4s.jpg ロンpai_s_5m.jpg ドラpai_s_3m.jpg 裏ドラpai_s_9m.jpg

    さらにたろうは連荘を重ね、ついにトップに追いついたのである。ニコ生では「30分前には1万点だったのに」という驚きのコメントも流れた。



    オーラスを迎えた時点で、トップ岩井が42800、2着たろうが39900でその差は2900点。そこへたろうにこんなテンパイが入った。
    pai_s_2s.jpgpai_s_3s.jpgpai_s_4s.jpgpai_s_5s.jpgpai_s_6s.jpgpai_s_7s.jpgpai_s_7p.jpgpai_s_7p.jpgpai_s_2m.jpgpai_s_3m.jpgpai_s_7m.jpgpai_s_7m.jpgpai_s_7m.jpg ドラpai_s_4p.jpg
    500・1000でも岩井1300直撃でも足らない。一旦はヤミに構えたたろうだが、岩井が食い仕掛けたところを機とみてリーチに踏み切った。pai_s_4m.jpg直撃かツモに賭けたのである。

    すると親の時岡が追っかけ。
    e4acb4f1417c0e5192d2b11f630f4b6e692405cc

    が、このpai_s_1m.jpgだと裏ドラ2枚条件となるため、当然たろうはロンできない。が、このリーチ棒が出たことでたろうもpai_s_1m.jpgツモで逆転する条件となった。だが、結果はたろうが時岡のロン牌を掴み親満の放銃となってしまった。これにより、たろうは一気に苦しくなり岩井から満貫直撃か倍満ツモという厳しい条件を突きつけられることになった。



    だが、厳しい条件になってからのたろうの手作りが凄かった。アガリトップの岩井がいるなか、

    南4局1本場(岩井から満貫直撃か倍満ツモ条件)
    西家・たろうの第一ツモ
    pai_s_1m.jpgpai_s_7m.jpgpai_s_2p.jpgpai_s_4p.jpgpai_s_5p.jpgpai_s_6p.jpgpai_s_7p.jpgpai_s_3s.jpgpai_s_4s.jpgpai_s_6s.jpgpai_s_sha.jpgpai_s_pe.jpgpai_s_haku.jpg ツモpai_s_6s.jpg ドラpai_s_1s.jpg
    ここから

    pai_s_4p.jpgpai_s_4p.jpgpai_s_5p.jpgpai_s_6p.jpgpai_s_7p.jpgpai_s_2s.jpgpai_s_3s.jpgpai_s_4s.jpgpai_s_5s.jpgpai_s_6s.jpgpai_s_7s.jpgpai_s_6m.jpgpai_s_7m.jpg
    (時岡からリーチ棒が出て、ハネツモ条件に変化した後)
    というテンパイを入れる。時岡が1000は1100オールのツモアガリ。

    南4局2本場(岩井からハネ直撃か倍満ツモ条件)
    西家・たろうの第一ツモ
    pai_s_1m.jpgpai_s_1m.jpgpai_s_7m.jpgpai_s_8m.jpgpai_s_9m.jpgpai_s_3p.jpgpai_s_6p.jpgpai_s_3s.jpgpai_s_6s.jpgpai_s_7s.jpgpai_s_7s.jpgpai_s_8s.jpgpai_s_haku.jpg ツモpai_s_4m.jpg ドラpai_s_4p.jpg
    ここから

    pai_s_1m.jpgpai_s_1m.jpgpai_s_7m.jpgpai_s_8m.jpgpai_s_9m.jpgpai_s_8p.jpgpai_s_9p.jpgpai_s_7s.jpgpai_s_7s.jpgpai_s_8s.jpgpai_s_8s.jpgpai_s_9s.jpgpai_s_9s.jpg
    (時岡からリーチ棒が出て、満直と倍満出アガリがOKになる)
    というテンパイを入れる。今度は流局し、さらに岩井との点差をつめる。

    きわめつけはこのテンパイ。
    南4局4本場。(岩井から満貫直撃かハネツモ・倍満条件)
    06775fc2f9aa7d225209d4d60aabe55c91ed2677

    途中で捨てたpai_s_haku.jpgに岩井がポンをいれ、それによりpai_s_2p.jpgが食い流れpai_s_2p.jpgがなくなったものの、pai_s_3p.jpgが1枚生きている。最後はツモ番の無いところで、時岡からのリーチ・一発・トイトイ・三暗刻・タンヤオ・ホーテイの倍満を狙ってリーチをかけるも、この大物手が実ることはなかった。



    が、たろうの執念もここまでだった。最後は満貫ツモ条件まで復活したものの、連荘を重ねた時岡が先手を取る。
    35f9d420a0a34c41148b551f8777a16033c08c50

    たろうは時岡がリーチ後に捨てたドラのpai_s_2m.jpgをポンして、何とか満貫を目指していくがテンパイを入れられず。時岡がツモって裏ドラを乗せ、岩井を1300点差交わして決勝卓の権利を勝ち取ったのである。

    時岡もオーラスを迎えた時点では2900点しか持っていなかったが、粘りに粘ってのついに逆転。どこまでも諦めないたろうの猛攻、そして昨年以上に危険牌を押してくる岩井、そして不調ながらもキッチリ打ち切った瀬戸熊を相手にし、持ち点が少なくなっても冷静さを失わずに打ち切ったメンタルの強さは賞賛に値する。2012年の水沼以来のアマ最強位の誕生まであと一歩まで迫った。
    チャンネル会員ならもっと楽しめる!
    • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
    • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
      • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
      • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
    ブログイメージ
    麻雀最強戦ブロマガ
    更新頻度: 未定
    最終更新日:
    チャンネル月額: ¥880 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。