• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

企業麻雀対抗戦 サイバーエージェントvsスターティア【後半】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

企業麻雀対抗戦 サイバーエージェントvsスターティア【後半】

2015-06-30 17:12
    サイバーエージェント(以下CA)とスターティア株式会社(以下ST)との企業対抗戦は双方譲らないまま大将戦へ突入した。今回は双方が旗を1本ずつ獲得しているのでアドバンテージはなし。半荘1回で勝負が決まる。

    870def5d94ef3fc11e10098422c5378d81f330b1

    ラス親を取ったのはCAチーム。東家がST櫻井。南家CA梅原。西家ST笠井。藤田最強位が北家に座り対局が開始した。
    c64b16920407a20724e54589e87f21a54d61edbd

    まず先手を取ったのは親の櫻井。
    08372b3dfeb0ce42f5e7ac94253846f0c44cb29f

    ペンpai_s_3s.jpg待ちのイーペーコードラ1でリーチをかける。
    pai_s_1s.jpgpai_s_1s.jpgpai_s_2s.jpgpai_s_2s.jpgpai_s_3s.jpgpai_s_6s.jpgpai_s_7s.jpgpai_s_8s.jpgpai_s_hatsu.jpgpai_s_hatsu.jpgpai_s_4p.jpgpai_s_5p.jpgpai_s_6p.jpg ドラpai_s_7s.jpg

    これに対し、南家CA梅原も親を蹴りへ果敢に応戦。
    c2be19cbaceb4e0dc7e830d94be5a11c3b9a6600
    2フーロして親の現物を含むpai_s_1p.jpgpai_s_4p.jpg待ちに構える。このペア戦では安くとも相手の親を流すことは非常に大事なので、これは当然の対応といえる。

    だが、直後にリーチ宣言牌のスジpai_s_3s.jpgを引く梅原。pai_s_6s.jpg切りリーチだけに当然、嫌な感じはしたはず。ただ前述した親を流す重要性、そして現物待ちテンパイという誘惑に梅原は勝てなかった。pai_s_3s.jpgをツモ切って櫻井へ放銃。裏も乗って親満のアガリとなった。

    だが、CAも負けていない。すぐに藤田最強位が789の三色でテンパイ、即リーチに出た。
    8c2cf7f60f772bfb641ba0f0597df96711604478

    場にpai_s_8s.jpgは既に2枚切れていて、山にはあと1枚しかない待ちだったが、これをツモって満貫。櫻井に親かぶりさせて食らいついた。やはり最強位vs十段位の一騎打ちなのか?

    東4局ではその2人のリーチがぶつかった。まず、先手を取ったのが親のCA藤田。
    e3e5e1d4df6c4bdf13416b8f5c2941a4b158a377

    この直前、藤田の手はこの形だった。
    pai_s_pe.jpgpai_s_pe.jpgpai_s_1p.jpgpai_s_1p.jpgpai_s_1p.jpgpai_s_2p.jpgpai_s_3p.jpgpai_s_4s.jpgpai_s_5s.jpgpai_s_5s.jpgpai_s_6s.jpgpai_s_4m.jpgpai_s_5m.jpg ツモpai_s_2p.jpg ドラpai_s_4p.jpg

    pai_s_pe.jpgは2枚切れ、pai_s_3p.jpgはドラ表示牌ということでなかなか難しい。ストレートなら打pai_s_5s.jpgだが、実質的な受け入れ枚数は少ないからだ。だが、すぐにpai_s_4p.jpgツモでテンパイ。不安の残る打牌選択からすぐに正解の牌を引く。藤田にとってこのリーチはイケそうな感じがしたはずである。

    だが、そこへ櫻井十段位が立ち塞がった(指で隠れているのはpai_s_3m.jpg)。
    23e523b75148cf2fa8631f7ef7bed512b85417e6

    すぐにpai_s_4p.jpgpai_s_7p.jpg待ちで追っかけリーチ。このとき西家CA梅原がpai_s_4p.jpgを暗刻にしており、櫻井の待ちはかなり薄かった。しかし、pai_s_7p.jpgをバシっとツモり上げた。普段の櫻井なら冷静にそっとアガり牌を置くところだが、この時は力が入っていたようにみえた。

    櫻井「そりゃ、ここが勝負どころと思っていましたからね。かなり力が入りました」

    だが、STがアガればCAがやりかえす。再び藤田がこの満貫を決める。
    pai_s_3m.jpgpai_s_4m.jpgpai_s_5m.jpgpai_s_7m.jpgpai_s_8m.jpgpai_s_9m.jpgpai_s_3s.jpgpai_s_4s.jpgpai_s_6s.jpgpai_s_6s.jpgpai_s_3p.jpgpai_s_4p.jpgpai_s_5p.jpg リーチツモpai_s_2s.jpg ドラpai_s_4p.jpg 裏ドラpai_s_2s.jpg

    安めながら満貫のアガリ。各チーム、そして視聴者もこれは最後までもつれそうだと思ったに違いない。が、ここからST笠井専務が存在感を見せつけることになる。
    32bb7ccb57aee7106abb6b7c143caf9dc7bee555

    南2局 南家・笠井
    pai_s_2m.jpgpai_s_4m.jpgpai_s_4m.jpgpai_s_5m.jpgpai_s_5m.jpgpai_s_7m.jpgpai_s_3p.jpgpai_s_5p.jpgpai_s_4s.jpgpai_s_5s.jpgpai_s_7s.jpgpai_s_7s.jpgpai_s_9p.jpg 出るpai_s_3s.jpg ドラpai_s_5p.jpg

    笠井はここからpai_s_3s.jpgをチーして打pai_s_7m.jpg。…正直、苦しい仕掛けである。おそらくCA梅原の下家で圧力をかけつつあわよくば親を落とせたら、といったところか。もしかしたら、ここまで手が入らないので動いて流れを変えてみよう、という感じなのかもしれない。

    が、この鳴きが笠井の手牌を激変させた。
    e4361ea4369ac54e4f2932b345789a9a6e27ad3f

    結局、2つめを鳴くことなく次々と急所を解消し、最終的にはタンヤオドラ3のpai_s_3m.jpgpai_s_6m.jpg待ちテンパイを入れたのである。この待ちを藤田から直撃。これで笠井もトップ争いに加われる位置に登ってきた。

    最終局。リードしているのはSTチーム。CAは4500点差を詰めればよい。親の藤田は2600オール、西家の梅原はハネ満ツモという条件である。ただ、ラス親が藤田なので連荘で徐々に条件を軽くすることも可能。逆に言えば、STは一局で決めないと危ないという状況なのである。

    先手を取ったのは藤田である。
    f19a10f68505867a21a720e4a638605696692c72

    できればドラのpai_s_2p.jpgを使いたかったが、贅沢は言っていられない。ツモって裏ドラ1枚乗れば優勝なのである。当然の即リーチである。実際、このリーチをかけられたらSTも反撃しづらいはず。だが、ここに笠井専務が立ちはだかる。

    リーチ一発でテンパイになる笠井。
    5880758f78d1fda0e2fdea9f46dfcdc95c52b008

    一発で放銃すれば当然負け確定。いわば社運を背負った(大げさ?)決断を迫られているのである。

    当然、控え室のチームメイトも固唾を呑んでいる。
    d8c0e5d01fb3fa2666c6c14c6500a9a497879db7

    笠井の決断は「押し」だった。まず一発でpai_s_5p.jpgを勝負。さらにpai_s_1m.jpgも勝負! そして三発目で自らのアガリ牌を引き寄せたのである。
    ec9b174ab1d5ceefe973575e0f2976bcccd5b536

    これで大将戦を制し、STの勝利が確定した。

    今回、お揃いのポロシャツで勝負に挑んだSTチーム。
    92b21adfafd1bc90eb1d2b2288748cf3c41af4cc

    なぜか櫻井十段位が写ってない…(><)

    ギリギリの接戦を制しただけにその喜びはひとしおであろう。特に、最後の勝負を制した笠井専務。会社の看板を背負った戦いだけに、無筋のpai_s_5p.jpgpai_s_1m.jpgの勝負は非常にシビれたはずだ。そこで前に出て勝ち取った見事な勝利といえるだろう。

    さて、これでCAはクレディセゾン戦に続いて2連敗となった。
    80f28406040a9f4fcbf8942a35d6b78fd632e87b

    藤田「次はセガ戦なんですが、さすがに3連敗はできないので…」
    梅原「次負けたら、部長を解任させられかねないので、絶対に勝ちます!」

    果たしてCAは逆襲できるだろうか?

    さて、この後も次々に対決が予定されている企業麻雀対抗戦。張プロ(RTD社長)によると8月には渋谷にオフィスを構える4社による「渋谷ダービー」や、10月末には8社参加による大会も企画されているという。新たな麻雀ブームを起こすべく、近代麻雀・麻雀最強戦チャンネルでは今後ともこの企業麻雀対抗戦をレポートしていきたいと思います。こうご期待!!
    チャンネル会員ならもっと楽しめる!
    • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
    • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
      • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
      • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
    ブログイメージ
    麻雀最強戦ブロマガ
    更新頻度: 未定
    最終更新日:
    チャンネル月額: ¥880 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。