• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

近代麻雀プレミアリーグ後期第1節A卓レポート
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

近代麻雀プレミアリーグ後期第1節A卓レポート

2015-08-11 22:00
    7f4ce83e2d7b7c2323a9322ff706ca1bfad8838f
    2015年8月から最強戦CHで配信されている「近代麻雀プレミアリーグ後期」の各節レポート


    後期より月1回で2節を一気に生放送するシステムに変更した近代麻雀プレミアリーグ。今回の出場選手は前期から連続出場となる小林剛・鈴木達也・藤田晋・佐々木寿人、さらに後期より出場の村上淳・滝沢和典・鈴木たろう・和久津晶の8名となった。

    そのオープニングマッチとなる第1節A卓は、起家より村上・寿人・滝沢・和久津の並びとなる。

    まず、開局早々、南家の寿人がこの形からpai_s_2s.jpgのチーテンを入れた。
    bd04139c3f2940ce2b1fb715e64b5829ee6afd06

    b4cc424165b92f1eff9c656010d789f7e7d6b0ba

    pai_s_hatsu.jpgのみのテンパイである。ドラのpai_s_4s.jpgのチーならともかく、安いほうのpai_s_2s.jpgチー。リーチをかけて相手にプレッシャーをかけるのが大好きな寿人がいったいどうしたことだろう? 結果は1人テンパイでアガるより大きかったわけだが、正直この仕掛けには少し驚いた。

    寿人「前期は速度で負けていて戦えないところもあったんで、少しやり方を変えてみました」

    東3局でも滝沢の親リーチに対し、食いタンでさばきにいくあたりも少し打ち方を変えたことが分かる。ノートップで惨敗となった前期。自身の麻雀に対し寿人は塗炭の苦しみをなめたはず。「前期と同じ轍は踏まない」。そう誓って新たなスタイルで臨む寿人の気合いが伝わってきた。



    少し戻って東2局1本場。村上の手にマンズが押し寄せていた。
    3c7d2307314ef70b3575ec18eeac189efa0b720a

    pai_s_1m.jpgpai_s_1m.jpgpai_s_2m.jpgpai_s_3m.jpgpai_s_4m.jpgpai_s_5m.jpgpai_s_5m.jpgpai_s_6m.jpgpai_s_7m.jpgpai_s_8m.jpgpai_s_9m.jpgpai_s_2s.jpgpai_s_4s.jpg ドラpai_s_5m.jpg

    5巡めにpai_s_8m.jpgを捨てた後、続々とマンズを引き寄せていた村上。ここへ、ソーズのチンイツに向かっていた上家の和久津からドラのpai_s_5m.jpgが出た。ポンしてチンイツか?

    村上「いや、チンイツはアガりにくいので狙いません。まさかドラのpai_s_5m.jpgがチーできるとは思わなかったですが、これならチーテンの一通ドラ3に取ります。pai_s_3s.jpgも悪い待ちではなさそうでしたし」

    この柔軟な判断がズバリ正解となり、和久津のチンイツテンパイ打牌のpai_s_3s.jpgを捕らえ、村上が満貫のアガリをモノにした。
    5939e4a6c5be2f94597a87ba403ccac48ad87fb3

    この後、和久津が親でダブpai_s_ton.jpgドラ1の2000オール。さらに滝沢がメンタンピンツモの1300・2600をアガり、平たい点棒状況のまま東場を終えた。ただ、そのなかでも大物手同士のぶつかりあいや、ギリギリまで踏み込んですっと退くという絶妙なバランスの打ち方が見られて面白い。



    南3局1本場。和久津以外の3人が僅差のトップ争いをしている中、村上にテンパイが入る。
    497f6060b95954065062a93a1ae0154f52fe4550

    bf1fc4847e582774bf5fbf69ff66237023fdfaf6

    567の三色にも取れる形である。が、村上は打pai_s_5p.jpgのリーチを選んだ。ちなみに捨て牌はこうなっていた(右が村上)。
    0a2b12f93ffb865992f0e81fa6adc50590b170cf

    pai_s_9p.jpgが場に2枚飛んでいるので、カンpai_s_6p.jpgにする人もいるのではないか?

    本人を含め、色々な人に聞いてみた。

    達也
    4f1970754e0c917be8f59cfabd42dd0d2b5814f7
    「ぼくはpai_s_8p.jpg切りリーチすると思います。pai_s_9p.jpgが場に出ていなくても変わりません。pai_s_9p.jpgでアガっても2000点ですし。あるとしたらpai_s_8p.jpg切りヤミテンはあるかもです」


    さすが雀界屈指の手役派・達也である。

    同卓していた滝沢はどうか?
    滝沢
    36e383e83975c6a60a99382adc08d8420417c627

    pai_s_8p.jpg打ちでリーチをかけます。pai_s_5p.jpg切りリーチの方がスキはないと思いますが、先手をとれたなら高目に受けて、決定打を決めたいです。実際は捨て牌、対戦相手、対局のシステム等で、加味することがあるかも。プレミアリーグであれば、どちらの考え方も否定できないと思います。pai_s_8p.jpg切りヤミテンも、もちろんありです。村上さんが、対戦相手(特に和久津、佐々木)を意識しての選択かどうか、興味深いですね。

    いかにもバランス型の滝沢らしい回答である。

    さて、当の村上はどういう判断をしたのだろうか?
    村上
    37c97b6548bbccba670df141c1b5237d1e801aec
    「捨て牌からして
    pai_s_9p.jpgはおそらく山に2枚。レアケースで親の滝沢にpai_s_7p.jpgpai_s_8p.jpgpai_s_9p.jpgがあるかも。ピンズの安さからカンpai_s_6p.jpgでもあがれるかもしれないが、pai_s_6p.jpgは3人で1.5枚、山には2.5枚くらいなイメージ。ただpai_s_6p.jpgが余るかどうかは不明。現状、700・1300ツモでもトップ目にたてる点差なので、無理してダマ5200や8000確定リーチにするほどの局面ではない、と思いました

    結果、このリーチは和久津からpai_s_9p.jpgが出て2000点のアガリ。トップ寿人と200点という僅差でオーラスを迎えた。滝沢も満貫をアガれば逆転トップである。ここで和久津のコメントを思い出した。

    和久津
    27d595409b8cd4be62e70d0255ec0213b5e6f667
    「格下らしく、私らしく、存分に暴れたいです」


    いくら女流トップクラスの和久津でも、この3人相手だと格が下になってしまうのか? だがオーラスにとんでもない展開が待ち受けていた。



    南4局。13巡目にテンパイを入れた和久津。
    dab8c5a9ef2a878223e512429fa1cb4f9b83fb72

    pai_s_3m.jpgpai_s_4m.jpgpai_s_5m.jpgpai_s_6m.jpgpai_s_8m.jpgpai_s_8m.jpgpai_s_3s.jpgpai_s_4s.jpgpai_s_7s.jpgpai_s_7s.jpgpai_s_6p.jpgpai_s_7p.jpgpai_s_8p.jpg ツモpai_s_5s.jpg ドラpai_s_chun.jpg

    和久津は打pai_s_3m.jpgでリーチを選択。この待ちが食いタンテンパイの寿人から出た。pai_s_8m.jpgでロン。裏ドラpai_s_5m.jpgを乗せ7700のアガリとなった。

    寿人自身が対局後に振り返っていたようにこの放銃は「もったいなかった」。
    2a5c55106276d0391206c278bb13dbc18591defa

    寿人のテンパイ形はこう。
    a3b3b50cbe748b833516906a44cfddfbecaee238

    ここでpai_s_8m.jpgをツモ切って放銃となってしまったのだが、pai_s_2m.jpgが通っている以上、愚形待ちの可能性を考えればpai_s_8m.jpgよりpai_s_5m.jpgのほうが安全だ(リャンメン待ちならどちらでも放銃となる)。リスクを犯して前に出ることは当然だが、画竜点睛を欠く放銃になったことが悔やまれる。



    これで和久津にもトップの芽が出た。
    1066e3c778152c05a709c1fc1103ec2c393bf35e

    3200オールで逆転するオーラス1本場。7巡目に逆転可能なテンパイが入った。
    5613241720a44ff61575b3e0221cf4891e76a113

    リーヅモで逆転トップ。子を押さえ込んでの即リーチも十分ある。が、和久津はここで打pai_s_3s.jpgでテンパイを崩した。すぐにpai_s_5m.jpgを引いてテンパイ復活。今度こそリーチである。


    途中、最初のテンパイの待ちpai_s_4s.jpgをツモったりもしたが、結局高めのpai_s_7m.jpgでハネ満のツモアガリで逆転トップとなった。
    c445634bc1d0105fbec9615e7b697fbc6dda73a9

    近代麻雀のプレミアリーグにはアガリ止めがある。が、このアガリだと2着目村上との点差も比較的大きいので続行してさらに稼ぐ手もある。和久津の判断に注目が集まった。

    和久津
    9757f56fb4b185e648d9f45d144207f9dc2175b3
    「続けます」


    村上の満貫ツモ圏外にいることを確認した和久津は続行を選択。これには3着めの滝沢も思わず苦笑いするしかない。
    b096f87fa7f6e42cca10badcce358c72ceb3b234

    滝沢「さすがに止めると思ってましたからね」

    存在しない可能性が高かった南4局の2本場。そこで滝沢が和久津の親満に突き刺さる。
    7da390e1e5619069d14188725bd9fc352fb89fa0

    最終的には、pai_s_nan.jpgホンイツドラ3のハネ満をツモって再度3着に浮上した滝沢。何とか被害を最小限にとどめたが、滝沢にとっても、そしてラス落ちした寿人にとっても踏んだり蹴ったりのオーラスとなった。

    ラス目からの大逆転トップを果たした和久津。満面の笑みを浮かべインタビューに答えていた。
    ce967fc02fa60ad85ad6012282eb4dea6446e41f

    第一節A卓結果
    和久津+67.5 村上+0.8 滝沢-21.6 寿人-46.7
    チャンネル会員ならもっと楽しめる!
    • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
    • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
      • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
      • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
    ブログイメージ
    麻雀最強戦ブロマガ
    更新頻度: 未定
    最終更新日:
    チャンネル月額: ¥880 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。