• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

近代麻雀プレミアリーグ後期第2節A卓レポート
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

近代麻雀プレミアリーグ後期第2節A卓レポート

2015-08-13 19:00
    208307727c38d9911918cab45367592f295f3987
    2015年8月から最強戦CHで配信されている「近代麻雀プレミアリーグ後期」の各節レポート


    後期より月1回で2節を一気に生放送するシステムに変更した近代麻雀プレミアリーグ。今回の出場選手は前期から連続出場となる小林剛・鈴木達也・藤田晋・佐々木寿人、さらに後期より出場の村上淳・滝沢和典・鈴木たろう・和久津晶の8名となった。

    第2節A卓は、起家より和久津・小林・藤田・滝沢の並びとなる。
    27b4e3f5c90c4e388b0a3f2eecdfadc7a2dd1b15

    東1局。まず親の和久津に大チャンス手が入った。
    41a7623ce017eb2ec5ca0b932f90299a2f390eaf

    4472601d84e4523d9843d6ac72778890b7724118

    ドラのpai_s_chun.jpgが暗刻のイーシャンテン。カンpai_s_7m.jpgさえ鳴ければすぐにでもアガれそうな形になっていた。

    だが最初にテンパイを入れたのは西家の藤田だった。
    0186a3afec1b67f3d91e9889350fe04b76707939

    藤田の手牌 pai_s_2m.jpgpai_s_3m.jpgpai_s_4m.jpgpai_s_1p.jpgpai_s_1p.jpgpai_s_5p.jpgpai_s_6p.jpgpai_s_7p.jpgpai_s_2s.jpgpai_s_3s.jpgpai_s_4s.jpgpai_s_6s.jpgpai_s_7s.jpg ドラpai_s_chun.jpg

    が、藤田はこの手でリーチをかけなかった。pai_s_5s.jpgpai_s_8s.jpgは場に2枚で、特に薄いようには見えない。結果、すぐにpai_s_8s.jpgをツモって400・700のアガリとなった。
    7e473dd0f42948820481974a81b79101345ce784

    普段の藤田なら、先手でリャンメン待ちならリーチをかけていそうな気がしていた。確かにドラは見えていないが、私にとってこのアガリは少しだけ違和感があった。

    藤田は続く東2局にもアガりを決める。ただ、仕掛けは意外な形からだった。
    藤田の手 pai_s_1s.jpgpai_s_2s.jpgpai_s_2s.jpgpai_s_2s.jpgpai_s_6s.jpgpai_s_7s.jpgpai_s_9s.jpgpai_s_3p.jpgpai_s_4p.jpgpai_s_7p.jpgpai_s_7m.jpgpai_s_7m.jpgpai_s_nan.jpg 出るpai_s_5p.jpg ドラpai_s_7p.jpg

    この形からリャンメンのpai_s_5p.jpgをチーしていった。これも正直意外なチーであるが、たしかにメンゼンで進めてもテンパイは難しそうだし、逆にいえば鳴いても安全そうな牌が残っているので仕掛けても守備力はさほど落ちない、という判断だったのだろう。が、結果は3人に先にテンパイを入れられながらも藤田がアガリきった。
    bfecad7946458b03cd12dc82989b4f7627685558

    なんとドラのpai_s_7p.jpgがリーチの和久津から出て満貫のアガリとなった。これで藤田が頭1つ抜けたトップめに立つ。



    東4局では小林と藤田のスピード競争が演じられた。

    まず最初に仕掛けたのが小林だ。
    51e2877de67dde6e33cf9f14c86c0b518cc3d661

    まず、この形からpai_s_3m.jpgポン。
    小林の手牌 pai_s_2s.jpgpai_s_4s.jpgpai_s_4s.jpgpai_s_8s.jpgpai_s_3m.jpgpai_s_3m.jpgpai_s_5m.jpgpai_s_7m.jpgpai_s_9m.jpgpai_s_ton.jpgpai_s_ton.jpgpai_s_hatsu.jpgpai_s_hatsu.jpg 出るpai_s_3m.jpg ドラpai_s_8s.jpg

    形なら打pai_s_8s.jpgだがこれがドラ。ここは打pai_s_4s.jpgとする。

    さらにpai_s_hatsu.jpgを暗刻にした小林。
    197a58cc702b81a0cb6fd78fabdca6ae7ad767f5

    ここでもドラのpai_s_8s.jpgを温存し、pai_s_5m.jpgを捨ててカンpai_s_8m.jpg待ちの布石を打った。ドラを重ねてもよし、pai_s_7s.jpg引きならカンpai_s_3s.jpg受けを払っていける。小林ならではの巧妙な仕掛けである。

    一方、藤田もこのpai_s_5m.jpgに反応する。
    33ca60a1808606f95cded2ae9566225152fdbbfc

    藤田の手牌 pai_s_2m.jpgpai_s_2m.jpgpai_s_4m.jpgpai_s_6m.jpgpai_s_7m.jpgpai_s_8m.jpgpai_s_9m.jpgpai_s_7p.jpgpai_s_9p.jpgpai_s_9p.jpgpai_s_9s.jpgpai_s_chun.jpgpai_s_chun.jpg 出るpai_s_5m.jpg ドラpai_s_8s.jpg

    小林から出たpai_s_5m.jpgをチー、さらにpai_s_2m.jpgをポンしてpai_s_chun.jpgバックのテンパイに取った。

    藤田「もちろん最初はホンイツを目指していましたが、コバゴーさんが仕掛けているのでpai_s_9p.jpgを落としていたら間に合わないな、と思って」

    前期は小林の速攻に他の対局者はチャンス手をことごとく潰されてきた。藤田はその経験を踏まえて後期の戦い方を少し変えてきたのだろう。結果、pai_s_chun.jpgでアガりきり、小林・和久津のテンパイと滝沢のチャンス手を蹴ることに成功した。
    108ba12417e3e2ac361ecb58cc82247e393df84b



    藤田のペースで東場はあっという間に終了。

    ここまで何度も自分の手を蹴られている和久津の持ち点は12900。
    50979b880d5ee440d3f9776b345bc2f407bfeece

    第1節の貯金を減らしてしまうのかと思われた。が、それは単なる杞憂だった。まず、南1局の親番で2600オールを決める。
    5139b37f17446232be12b66f800809300418247d

    さらに流局をはさんでの2本場でも親満のツモアガリ。
    4c9e494b7af891501cbd70d8dcab4ae7ad2e9527

    この2発であっという間にトップに躍り出た和久津。第1節もそうだったが、親の和久津の勝負強さには驚かされる。

    続く3本場。この局でようやく藤田のこの半荘のテーマが明確になった。
    9df3b3e06755de1ee4d7193d858607f5af47e34c

    小林がダブpai_s_nan.jpgポン、和久津はタンピン、ともにイーシャンテンという状況で藤田にピンフドラ1のテンパイが入る。
    9deea8b633b3b89daea74b5f95cf49685fa8c404

    捨て牌状況的にこのpai_s_5m.jpgpai_s_8m.jpgは悪くないように思える(親・和久津の捨て牌に計3枚)。が、藤田はヤミテンを選択。結果、pai_s_8m.jpgをツモアガリ、和久津の親を流すことに成功した。

    藤田「1戦目トップだったので、この半荘は2着以上でポイントを上乗せすることがテーマでした。和久津さんの親が怖かったんで、それをまくるというよりは2着でいいので和久津さんの親を流すことを優先させました」

    藤田は、こういう短期のリーグ戦では序盤にリードした打ち手がいかに戦いやすいかを把握している。リーチをかければ和久津はもちろん、仕掛けの小林、メンゼンの滝沢に反撃されれば、あっという間にラスに落ちるリスクもある。この辺の押し引きは前期の経験(序盤でマイナスして後半苦しい戦いを強いられた)を踏まえたものだろう。



    和久津・藤田の上位陣、小林・滝沢の下位陣を上下に割れて迎えた南2局。下位陣の明暗がこの局で分かれた。

    まず滝沢が食いタンで仕掛けを入れた。
    08f926e2ccee45aa1ea1183d54e30fb1961c8092

    54c0bf7dd7a955f456edc3a7fcbf71f97dad0239

    pai_s_8p.jpgポンの後、小林からリーチを受けた滝沢もテンパイ。ここは前に出るが、いざとなれば小林の現物pai_s_4p.jpgが暗刻のためいつでも退くことは可能だ。

    そこへ滝沢はドラ表示牌のpai_s_5s.jpgを引いた。
    6a9df117c15ee145f99a9983980209a2f3bb1a77

    ドラのpai_s_6s.jpgを捨てればトイトイがつく。どうするか?

    小林の捨て牌はこうである。
    pai_s_pe.jpgpai_s_haku.jpgpai_s_ton.jpgpai_s_2p.jpgpai_s_haku.jpgpai_s_sha.jpg pai_s_1s.jpgpai_s_3m.jpgpai_s_3s.jpgpai_s_2m.jpgpai_s_7p.jpgpai_s_1s.jpg pai_r_4p.jpgpai_s_6m.jpgpai_s_9p.jpg

    滝沢はここでpai_s_6s.jpgを捨てた。

    滝沢「自分がタンヤオの仕掛けなので『相手は自分にドラが固まってるだろう』と推理すると思いました。そこへ小林さんからリーチ。自分にしてみれば、ドラを固めてるのは小林さんだろうと読んだんですよね(トイツ以上で待ちにはなっていない)。ましてやpai_s_3s.jpgを先に捨てているのでカンpai_s_6s.jpgもないだろう、と。『目立ってやろう』という意識が出て、失敗してしまいました」

    このpai_s_6s.jpgが小林のカンpai_s_6s.jpg待ちに捕まった。裏も乗って7700点となる。
    07cf03b300cbcb85e27f61fd8ab8a5f26c2f3c45



    これで単独ラスになった滝沢。7400点持ちでラス親を迎えた。
    9c41ab6b462dfe597caaed98cf17af26b507c15d

    滝沢はpai_s_haku.jpgのみの500オールをアガり、次の1本場でようやく勝負手らしい手が入った。
    4738fbc7d7376344b0e55786afd8599e4a91dc8d

    pai_s_2m.jpgpai_s_5m.jpgが入れば345の三色のテンパイだったが、入ってきたのは最安めのpai_s_4m.jpg。このあたりがこの日の滝沢の運のなさを象徴しているのだろうか。滝沢は即リーチをかけるも、ラス目・ラス親のリーチに歯向かうものはおらず流局。

    続く3本場は、滝沢にマンズが8枚あってチンイツを狙える配牌を手にするも、トップ目・和久津がアガってトップで終了。
    83532c425c1e2b11a0d1d1bf87b20fba66dada8a

    5cd152f85bf7070796cc9a5b17694aa3b0de00bf
    これで和久津は2連勝。最高の形で初日(第1節・第2節)を終えることになった。

    第2節A卓結果
    和久津+66.1 藤田+7.5 小林-20.3 滝沢-53.3

    この時点でのトータルスコアは以下の通りである。
    21e6238ac78bfd9fe502977c6a00e99a99ee8308

    和久津はトータルポイントも+130を超え、早くも決勝進出がみえるポジション。果たしてこのまま突っ走るのか!?
    チャンネル会員ならもっと楽しめる!
    • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
    • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
      • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
      • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
    ブログイメージ
    麻雀最強戦ブロマガ
    更新頻度: 未定
    最終更新日:
    チャンネル月額: ¥880 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。