• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

  • 橘川放送局は2015年4月よりリニュアルします。

    いろいろな動きが始まる2015年4月です。 時代の変わり目に、ますますめまぐるしい動きをする デメ研にご注目を。

    2015-03-24

    • 0 コメント
  • パンは裏切らない 2 たかなしみるく

    「はるちゃん。『好き』って何?なんで『好き』だからほかの人とは違うの?それ、傍から見たら、全部一緒だよ。言動が一致しない。あたしには、はるちゃんの事が、よくわからない。」 ――よく、わからないんだ。自分自身のことが。 「うち。自分でも、自分のことがよくわかんない。確かにみちゃんから見たら、うちの言動は伴ってないと思うよ、わかってる。でも『好き』なんだもん。優弥のこと。優弥優しいから、うちのそばに、それでもまだ寄り添ってくれるから、だから、傍にいたいって、思うから、だから。」 「だから、『好き』なの?」 「わかんない、そんなの定義できない。じゃあみちゃんは何で今好きな人のことが『好き』なの?」 「え?」 「じゃあなんでみちゃんは今も好きな人のことが」 そもそも、『好き』と言う感情のメカニズムが、もうあたしにはわからない。と言い聞かせるも、段々と抑えていた感情が、あたしの中で氷解していくのを、あたしは感じ取ってしまった。溶けていく、バランスが、溶けていく、崩れていく。 さっき火をつけた煙草は、もう既に全て燃え尽きて、灰になっている。 ――『♪頭の中の僕が 我慢できない声で』 「...

    2013-07-28

    • 0 コメント
  • パンは裏切らない 1 たかなしみるく

     「うちさ、みちゃんのさ、ブログ読んでるよ。」  「あ、ほんとに。ありがとう。」  「良いの?」  「え?」  「良いの?好きって言わなくて。」  「え?」  「このままで良いの?」  「いや、好きかどうかも、あれだしね…余裕とか、ないし。」  「そっかー。」   そっと、ホーム画面に切り替えて、携帯をベッドに投げる。 ――「♪頭の中の僕が 我慢できない声で バランスが崩れても 誰も見て見ぬ振りさ。」 ( 28 日目の月/ 0.8 秒と衝撃。) 「じゃあ、明日 13 時に!」 2013 年 5 月某日。 13 時に。京王線明大前駅の、改札前に、はるちゃんは、いた。 一通りの挨拶を終えて、一頻り昔の空気を嗅ぎ切った。ここしばらく、はるちゃんとはメールでやり取りしていたので、「物凄く久しぶりに会った感じ」と言う感じは、あまりしなかった。周りの学生たちが飲み会の時間を打ち合わせている会話が聞こえるような時間帯に、それを聴きながら、あたし達は井の頭線に乗って下北沢まで出て、はるちゃんに連れられて、カフェバーに入る。 あたしは、大学の喫煙所で拾ってきたライターで、煙草に火をつけ...

    2013-07-28

    • 0 コメント
  • 地方書店、好文の木の実験

    湯河原の小さな地方書店である「好文の木」は、地元作家の田口ランディとの関係を生かして、新しい書店のあり方を模索している。

    2013-06-28

    • 1 コメント

2012/11/18 08:49

ブログライターの拡大とニコ生放送の開始

ブログ記事は、橘川個人のものと、仲間たちの原稿を公開していきます。仲間というのは、当面、僕が主宰しているリアルテキスト塾の塾生たちになりますが、今後、拡大していく予定。一人じゃ、ぼくもつまらないw ニコ生は、新しい「スクール」として、各方面の人のトークライブや、対談などを企画していきます。

2012/09/22 18:51

後ろ向きブログ

ブログは新規書きおろしの原稿と、過去に書いたものを随時掲載していきます。過去のものは、登録日を書いた頃に設定しますので、後ろ向きに掲載されます。40年前の原稿も掲載しましたので、お楽しみください。

2012/09/20 06:57

橘川幸夫プロフ

橘川幸夫(きつかわ・ゆきお) デジタルメディア研究所 代表 '72年、渋谷陽一らと音楽投稿雑誌「ロッキングオン」創刊。'78年、全面投稿雑誌「ポンプ」を創刊。その後、さまざま なメディアを開発する。 ▼経歴詳細はこちら。 http://bit.ly/S85y8k

生放送

CLOSER

ソーシャル大学

Twitter

皆さんのWebに、リンクを貼ってもらえると嬉しいです。

橘川幸夫の連投Twitterまとめ

日経BPオンラインの連載原稿です。