• このエントリーをはてなブックマークに追加
パチンコ業界人・砂肝の生焼けコラム 第212話(10月21日)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

パチンコ業界人・砂肝の生焼けコラム 第212話(10月21日)

2019-10-21 12:00
    1db6a156d93d01726402b3982e3cd792d5946e39

     

    「私に還りなさい、パチンコのエヴァンゲリオン……」

    ここ数年のエヴァのパチンコには魂が全くルフランしない私ではありますが、

    遂に期待せざるを得ないエヴァパチの新作が年末に導入される模様です。

    既に『P新世紀エヴァンゲリオン ~シト、新生~』という字面だけで震えますよ。

    いわゆる「旧劇場版」である1997年公開の映画をサブタイトルに持って来たのですから、

    エヴァンゲリオンフリークに期待するなというのが無理な話ですよ、ええ、ホントに。

    しかも「新劇場版」の映像が導入されるようになる前の過去5作品の中から、

    特にホールでも実績の高かった「シトフタ」がリメイクされる訳ですから、

    パチンコファンだけでなくホールからの注目度も高くなるのは必然。

    本当にホールに帰ってくるかも知れませんよ、あの頃のエヴァパチが……!


    で、ですね。


    だとしたら私は何故パチンコのエヴァシリーズに魅力を感じなくなってしまったのか?

    ふと、そんなことが気になり始めてしまったのです。

    そこで今回は近年のエヴァパチの良くなかった点をピックアップして、

    私がエヴァのパチンコに求めている要素を明確にしてみたいと思います。

    少なからずエヴァパチファンにも共感して頂けるのではないか、そんな自負を込めながら。

    では、総員第一種戦闘配置。

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。