• このエントリーをはてなブックマークに追加
大事なゲームなので三度挙げました【ゲーマーの履歴書 #14 湯毛の場合】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

大事なゲームなので三度挙げました【ゲーマーの履歴書 #14 湯毛の場合】

2020-01-30 18:00

     ゲーマーの履歴書#14、いかがでしたでしょうか?今回はゲストに「ゲーム実況者わくわくバンド」の湯毛さんを迎えてお送りいたしました。今回も番組Dの成瀬が今回もレポートを書かせていただきます。ここ最近64世代が続いておりましたが湯毛さんはファミコン世代。番組史上最大級のジェネレーションギャップに亀井くんが翻弄される様子をぜひお楽しみください。

    7339b524940674bf6796af722d45b2e08d0f27dc

     放送のタイムシフトは下のリンクから。「ゲーマーの履歴書」は普段社内のスタジオを利用して放送してるんですけど、たまにそこが使用できなかったとき、ちょっと大きめの会議室で放送してるのですがそういう時はスタッフのゲラがすごいマイクに乗ります。うるさくてすいません・・・。

    ということで、湯毛さんの履歴書をみていきましょう。


    Q1.生まれて初めてプレイしたゲーム(記憶にある範囲で)
    A1.スパルタンX(FC)

     1984年にアイレムよりアーケードゲームとしてリリース。ジャッキーチェン主演の同名映画を題材にしている・・・というものの番組内でも話に上がりましたがゲームの構成的にはブルース・リーの死亡遊戯に近い気が・・・ファミコン版はアイレムのファミコン参入第1弾タイトルとして発売される予定であったが、宮本茂さんがどうしても出したいと希望し、任天堂から発売されることになったというエピソードがあります。このゲームめちゃくちゃ音がよくて、ボスの「ハッハッハッ!」という高笑いは特に印象的。あと敵に倒された時の「ボォン!!」って効果音ね。

     湯毛さんが言ってた銅線でキュッと止める線っていうのは「RF接続端子」のことですね。テレビ
    と同じ形式の映像信号をテレビ放送と同じ形式で変調したRF信号をテレビ受像機のアンテナ入力からテレビチューナーを通して放送チャンネルのひとつのように表示させるもので、当時ビデオデッキも普及し始めたぐらいで、テレビに何かを繋いで出力するということがまだ一般的でなかった時代の映像出力方式です。なお確かに端子の雰囲気似てるんだけど電子レンジのアースに繋いでもファミコンはプレイできません。ドリームキャストぐらいまでは古いブラウン管テレビでプレイする人向けにRF出力するアダプタが公式に販売されたりしていましたが、現在は電波法の改正により、日本ではRF接続は違法となりましたので使用しないようにご注意ください。

    Q2.生まれて初めてクリアしたゲーム
    A2.ポケットモンスター 緑


     最近必ずといっていいほどどこかでピックアップされるポケモンシリーズ。ミュウの手に入れ方については僕もいまいち記憶なかったんで調べたんですけど、最初はコロコロコミックで抽選で20名とかだったみたいですね。そういえばNINTENDO64を購入すると抽選で1万名に「なみのりピカチュウ」のデータが当たるってキャンペーンが当時あったんですけど、僕それ当たったんですよね。1万分の1。いまでこそネット経由でいろいろデータの受け渡しができる時代になりましたけど、当時はゲームのデータのやりとりって通信ケーブルしかなかったんで、当選の案内といっしょに梱包用のケースが入っててそれにソフト入れて任天堂に送るとおやがニンテンのなみのりピカチュウが送られてくるというシステムでした。アナログぅ。

    Q3.これまででいちばん長くプレイしたゲーム
    A3.ストリートファイター4・5 or ポケモンシリーズ or ダビスタシリーズ

     格ゲーがこの番組でピックアップされるの、初めてな気がする。2D格闘ゲームの金字塔、カプコンのストリートファイター。対戦ゲームは永遠に遊べるんすよねぇ。特に4以降は格ゲーでもオンライン対戦、いわゆる「熱帯」がストレスなくできるレベルで実現できるようになったこともあり、ハマったという人も多いのでは?

    Q4.無人島に一本だけ持っていけるなら?
    A4.
    ポケットモンスター赤青緑 or  ダービースタリオン’96

    最近はスマホアプリで今尚続いているダービースタリオン。当時子供の遊びであった「ゲーム」を大人に広めたのはダビスタの功績も大きいと勝手に思ってる。ちなみに96からイメージガールがポスターやCMに登場するようになったのですが、初代はなんと広末涼子さん。ゲームのプロモーションにこういうタレントが起用されるようになったっていうのも時代の変化を感じますね。

    Q5.一番好きなゲームは?
    A5.
     ダービースタリオン’96

     大事なゲームなので三度挙がりました。ダービースタリオン’96。「サテラビュー」というめちゃくちゃエモいワードも飛び出しました。ファミコンにおけるディスクシステムに変わるスーパーファミコンの大幅拡張システムだったのですが、衛星放送を活用してゲームを配信するという画期的なシステムでしたが、ちょっと衛星放送とか当時子供だった我々にはいまいち理解できなかった、ということもあり、普及せずに終わってしまったサービスとなりました。

    Q6.「クリアできて嬉しかった」ゲームは?
    A6.ドラゴンボール 神龍の謎(FC)

     倭寇さんが生まれて初めてプレイしたゲームとしてあげていた作品でもあります。このゲーム回復アイテムの出現がランダムだったり、悟空がお腹が空くのが早いというよくわからない理由で体力が時間経過でどんどん減っていくという鬼畜システムなどもあり、絶対クリアする前提でつくってねぇよな、っていう内容になっております。ほんとこれクリアするのすごい。

    Q7.初めて投稿したゲーム実況
    A7.くにおくんの時代劇だよ全員集合(FC)

    当時の動画を削除したと伺いましたので、せっかくなので改めてやっていただきました。実際僕も事前にロケハン兼ねて触ってみましたが、ゲームシステムやグラフィックなど非常に凝ったゲームで今プレイしても十分楽しめる作品です。今回はPS4版「くにおくん ザ・ワールド クラシックスコレクション」を使用しましたが、こちらはSwitch版、Steam版、Xbox版もございますので、気になった方はぜひともチェックしてください。湯毛さんのアツい「くにおくんシリーズ」解説にも注目。


     今回のプレミアム会員限定コーナーでは、亀井さんが湯毛さんを芝居の道に引き込む・・・?
     
    「ゲーマーの履歴書」はここ最近のニコニコのレギュラー放送としては珍しく隔週ペースで放送しております。第15回の放送は
     2月10日 次回も22:00 からとなります。次回のゲストはハヤシさん!

     
     ちなみにこれまでの放送もすべてタイムシフト公開中です。プレミアム会員の方は事前のタイムシフト予約をしていない過去の放送も視聴可能ですので、今回初めてご覧いただいた方は是非過去の放送も合わせてご覧いただけると嬉しいです。

     Twitterで感想を呟いたり(ハッシュタグは #ゲーマーの履歴書 です!)、拡散してくれるのも非常に励みになってます。このブロマガにコメントくれるのも嬉しいです。

     それではまた次回の放送でまたお会いしましょう!
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。