• このエントリーをはてなブックマークに追加
石原宏高衆院議員「公選法違反」疑惑で飛び出した 石原ファミリーとカジノ利権
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

石原宏高衆院議員「公選法違反」疑惑で飛び出した 石原ファミリーとカジノ利権

2013-03-26 15:32
    石原ファミリーに疑惑の目が向けられている。その発端は『週刊新潮』2/7号が報じた石原宏高衆議院議員に関するスクープだった。パチスロ大手のユニバーサルエンターテインメント(旧アルゼ・以下UE社)が、昨年の衆院選で宏高氏を応援するために3人の社員を派遣していた……という記事だ。公職選挙法ではカネで票を買うことはもとより、チラシの配布など直接選挙人に働きかける“選挙運動員”に対して報酬を支払うことを禁じている。それは候補者のみならず、企業が払っていても同じ。この公選法に抵触していた疑いが浮上したのだ。おまけに、“派遣元”にも問題が……。業界紙記者が話す。

    bf40ca06ea0b3f3208f46569802a728d665c4651 

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。