• このエントリーをはてなブックマークに追加
改めて論じるF-35 - 『NEWSを疑え!』第620号(2017年9月28日号)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

改めて論じるF-35 - 『NEWSを疑え!』第620号(2017年9月28日号)

2017-09-28 18:45

    本号

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ■小川和久の『NEWSを疑え!』
    第620号(2017.9.28)

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    【 メールマガジンが届かない場合】
    プロバイダ・メールサービス側で、迷惑メールに振り分けられていないかご確認ください。
    ・PCメールの方は迷惑メールフォルダをご確認ください。
    ・携帯電話の方はドメイン指定受信(特定受信許可・受信拒否)等ご確認ください。
    ・改善されない場合は以下『ニコニコヘルプ』のページをご覧ください。
    http://faq.nicovideo.jp/EokpControl?&tid=11115&event=FE0006&searchToken=1340075532021

    ──────────────────────────────────────────

    【今回の目次】
    ◎ストラテジック・アイ(Strategic Eye)
    ◇◆ 改めて論じるF-35
    ◆ 軍事オタクが触れないNCWの世界
    ◆ 日本には調達のプロがいない
    ◆ これがF-35を「適正価格」で買う方法だ
    ◎セキュリティ・アイ(Security Eye)
    ・ 中国が南シナ海領有権主張を変える
    (静岡県立大学グローバル地域センター特任助教・西恭之)
    ◎ミリタリー・アイ(Military Eye)
    ・ イラン弾道ミサイルで見えたトランプと情報機関の間(西恭之)
    ◎編集後記
    ・ 北朝鮮がレーダーを作動させた地対空ミサイル

    ──────────────────────────────────────────

    ◎ストラテジック・アイ(Strategic Eye)

    ──────────────────────────────────────────

    ◇◆改めて論じるF-35

    Q:改めて論じるシリーズ3回目のテーマは、F-35です。その国内生産初号機は2017年6月5日に三菱重工業小牧南工場で報道公開されました。防衛省は2017年8月31日、前年比2.5%増の5兆2551億円となる2018年度予算案の概算要求を財務省に提出しました。前年比増は6年連続で、予算規模は過去最大ですが、この中にはF-35の6機分、881億円も計上されました。気になるのは新聞社や放送局がF-35のことを必ず「最新鋭ステルス戦闘機」と呼ぶことです。最新鋭はよいとして、「ステルス」は別にF-35の目玉となる優れた特徴ではないでしょう?

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。