• このエントリーをはてなブックマークに追加
岡田斗司夫プレミアムブロマガ「『ブレードランナー』のタイトルは、『ゴッサムシティ』になっていたかもしれない?!」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

岡田斗司夫プレミアムブロマガ「『ブレードランナー』のタイトルは、『ゴッサムシティ』になっていたかもしれない?!」

2017-10-30 07:00

    岡田斗司夫プレミアムブロマガ 2017/10/30

    おはよう! 岡田斗司夫です。

    今回は、2017/10/22配信「2049公開記念!『ブレードランナー』は、35年前の『シン・ゴジラ』だった?!」の内容をご紹介します。
    岡田斗司夫アーカイブチャンネルの会員は、限定放送を含むニコ生ゼミの動画およびテキスト、Webコラムやインタビュー記事、過去のイベント動画などのコンテンツをアーカイブサイトで自由にご覧いただけます。
    サイトにアクセスするためのパスワードは、メール末尾に記載しています。
    (※ご注意:アーカイブサイトにアクセスするためには、この「メルマガ専用 岡田斗司夫アーカイブ」、「岡田斗司夫 独演・講義チャンネル」、DMMオンラインサロン「岡田斗司夫ゼミ室」のいずれかの会員である必要があります。チャンネルに入会せずに過去のメルマガを単品購入されてもアーカイブサイトはご利用いただけませんのでご注意ください)

    2017/10/22の内容一覧

    電気羊から離れていった『ブレードランナー』

     80年の4月から、リドリー・スコットとファンチャーは、共同で脚本を書き始めます。結局、12月まで、8か月かけてやりました。
     ここで、映画全体の世界観は、リドリー・スコットがダン・オバノンから教えてもらった『ヘビーメタル』というバンドデシネ雑誌のイメージで行こうということに決まります。
     ところが、リドリー・スコットは、監督になってから、ガンガン、手を加えはじめます。

     リドリー・スコットは、「とりあえず、警官の下請けとか、警官というのは、あまりにもありきたりな設定だ。もっと格好いい職業はないか?」ということで、別の言葉を探します。……まあ、これも、『ブレードランナー』について書いているどの本にも載ってる話なんですけど。
     そこで、ウィリアム・バロウズの『ブレードランナー』という小説のタイトルを気に入って、ここから「ブレードランナー」を取ることに決めるんですけども。調べてみたら、他にも『ブレードランナー』というタイトルの本があったんですね。アラン・E・ナースという人が書いているSF小説なんですけども。もう一冊の『ブレードランナー』という名の本は、どの雑誌でも紹介されてないんですよね(笑)。

    (パネルを見せる。ウィリアム・バロウズ、アラン・E・ナース、それぞれの『ブレードランナー』の表紙の画像)

     ウィリアム・バロウズの本の表紙はそこそこ格好いいんですけど。アラン・E・ナースの方は……(笑)。
     このアラン・E・ナースの小説っていうのも、実はすごい変な話で。これね未来の医者の話なんですね。未来では医者が少なくなってきて、医者を患者のもとへ運送する役が必要になった。「医者を運ぶ時に、同時に手術道具のメス、ブレード、刃も運ばなければいけない」ということでブレードランナーと呼ばれるという話なんですけど。まあ、そんな小説があったんですよ。すごい表紙ですよね。
     この両方から、タイトルの権利を、それぞれ5000ドル、今のお金に換算すると50万円、当時のハリウッドでいうと100万円くらいの金額で買って、クリアしました。

     ここまでの流れをまとめると。
     まず、原作のタイトルは、もともと『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』だったんですよ。
     でも、これを映画化しようと考えた当初のファンチャーは、これをこのまま使うのは長すぎるから、次に『アンドロイド(仮)』というタイトルにしてたんですね。
     だけど、このタイトルでは、出資者からの評判がよくない。なにより、「アンドロイド」って言うと、みんな機械で出来たロボットみたいなのを考えてしまう。なので、さらにその次の案として、『デンジャラスデイズ(仮)』にしたんですよ。
     で、そこからさらに、バロウズの小説から取った『ブレードランナー』というタイトルになったんですけど。

     この、ブレードランナーというタイトルについても、リドリー・スコットはまだ気に入らなくて、途中で、「『ゴッサムシティ』という名前にしたい」と言い出すんですね。『バットマン』シリーズの舞台である、犯罪の巣窟・ゴッサムシティですね。
     だけど、バットマンシリーズの原作者のボブ・ケインから、「絶対にこの名前は貸さない。ゴッサムシティというのはバッド・マンのものだ!」というふうに断わられた。
     なので、リドリー・スコットは、しぶしぶブレードランナーに戻したんですけど。
     でも、当時のインタビューでは、リドリー・スコットは、「俺はまだ諦めていない。ゴッサムシティというタイトルにできるかもしれない。とにかく、ブレードランナーというタイトルは、あんまり気に入ってない」って言ってて、変える気満々だったんですよね(笑)。

    (続きはアーカイブサイトでご覧ください)

    アーカイブサイトへのアクセス方法

    限定放送を含むニコ生ゼミの動画およびテキスト、Webコラムやインタビュー記事、過去のイベント動画など、岡田斗司夫のコンテンツを下記のアーカイブサイトからご覧いただけます。

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    次回配信予定
    • 2019/10/18
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「マンガ版『攻殻機動隊』解説第3弾:エロとアクションの第3話「JUNK JUNGLE」」
    • 2019/10/19
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「『なつぞら』、ついに最終回、記念の総決算!」
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。