• このエントリーをはてなブックマークに追加
岡田斗司夫プレミアムブロマガ「悩みのるつぼ【大切な人に当たってしまう】」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

岡田斗司夫プレミアムブロマガ「悩みのるつぼ【大切な人に当たってしまう】」

2019-02-12 07:00

    岡田斗司夫プレミアムブロマガ 2019/02/12

    おはよう! 岡田斗司夫です。

    岡田斗司夫アーカイブチャンネルの会員は、限定放送を含むニコ生ゼミの動画およびテキスト、Webコラムやインタビュー記事、過去のイベント動画などのコンテンツをアーカイブサイトで自由にご覧いただけます。
    サイトにアクセスするためのパスワードは、メール末尾に記載しています(2018年12月1日より新サイトに移行しURLが変更されました。これに伴い、ログイン画面も変更されています。詳しくはメール末尾の注意事項をご覧ください)
    (※ご注意:アーカイブサイトにアクセスするためには、この「メルマガ専用 岡田斗司夫アーカイブ」、「岡田斗司夫 独演・講義チャンネル」、DMMオンラインサロン「岡田斗司夫ゼミ室」のいずれかの会員である必要があります。チャンネルに入会せずに過去のメルマガを単品購入されてもアーカイブサイトはご利用いただけませんのでご注意ください)

    今日は、朝日新聞掲載の『悩みのるつぼ』からです。
    2月2日に掲載された相談文と岡田斗司夫の回答、あわせてお楽しみ下さい。

    <相談文>

     20代男性です。私は自分の大切な人に対して、他人より強く当たってしまうことがあります。それを直そうとしても、結局は強く当たってしまう自分に失望しています。
     母は数年前から体調を崩し、日を追うごとに悪化しています。食事の際にも食器がうまく持てないため、こぼしてしまうことがあります。その際、優しく声をかけて片付けたら良いものを、「なんでこぼすの」と強い口調で注意してしまいます。
     恋人にも強く当たってしまうことがあります。恋人が失敗をした際に、気持ちに寄り添ってフォローすることが必要であるのに、失敗を責めてしまうことがあります。
     特に自分がストレスを抱えていると、攻撃的になってしまいます。自分の弱い部分が顕著になった際に、それを隠すために他人に強く当たってしまうのだと思います。たとえば、仕事で失敗を怒られた時です。あらわになってしまった自分の弱点を覆い隠すため、身近な人の弱点を攻撃し、心理的な負担を軽減しているのではないかと、自分なりに分析しています。
     しかし、そうした傾向が分かっていても、やはり強く当たってしまうことがあります。スポーツでのストレス発散やアンガーマネジメントをしても、完全に解決できません。大切な人を大切にするために、一体どうすればよいでしょうか?

    <回答文>

     あなたはマジメで自分の失敗や欠点が許せない。見知らぬ人の失敗なら見過ごせるが、母や恋人という大切な人は、自分同様にやはり失敗が許せなくなっちゃう。
     こういう人のことを世間では「ナイフみたいにトンガってる人」とも言います。トンガリは性格と言うより個性に近いので直したりできません。対処として有効なのは「自分のトンガリを無くす」ではなく「自分のトンガリの被害を減らす」でしょう。
     イガグリのようなトンガったものを扱う時はどうしますか?素手で触らずに、新聞紙などをクッションにしますよね?
     同様に、あなたに必要なのは性格改造ではなく、クッションでしょう。私のオススメは「仲良し貯金」です。これは自分の性格にトンガリがある人は、だれでも始めるべき貯金です。
     具体的なお金とは関係ありません。自分の大切な人、あなたの場合は母と恋人との間に「仲良し感」を貯金するように貯めるのです。
     相手を誉める。お礼を言葉で言う。好きそうなモノを見つけたらプレゼントする。日常的に相手を喜ばせるわけですね。
     この「仲良し貯金」があなたと相手のクッションになります。たとえあなたが理不尽な当たり散らしかたをしても、いきなり仲良し残額はゼロやマイナスにはなりません。いくばくかの黒字は残せると思います。当たり散らした後には、できれば謝ってまたもや貯金を再開し、残額=クッションを補填しましょう。
     「仲良し貯金」をずーっと続けていれば、キツい言葉を言っちゃったときに「あ、これあとでフォローすごくたいへんだな」と自覚でき、止められるようになります。
    つまり「性格」という扱いづらい心理的問題を「残額」という経済的な捉え方でコントロールするわけです。
     気をつけて欲しいのは「DVの後だけ優しい男」にならないように。「仲良し貯金」は、当たり散らしを正当化しません。単に「互いの関係のクッション」になるだけです。
     でも、そんなクッションでも、ずーっと維持すれば習慣、つまりあなたの第2の性格「優しい」になります。
     ときどき完璧主義、だけどふだんは優しい。
     ね、けっして悪くないでしょ?

    アーカイブサイトへのアクセス方法

    限定放送を含むニコ生ゼミの動画およびテキスト、Webコラムやインタビュー記事、過去のイベント動画など、岡田斗司夫のコンテンツを下記のアーカイブサイトからご覧いただけます。

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    入会して購読

    チャンネルに入会して、購読者になれば入会月以降の記事が読めます。

    入会者特典:当月に発行された記事はチャンネル月額会員限定です。

    ブログイメージ
    岡田斗司夫プレミアムブロマガ
    更新頻度: 毎日
    最終更新日:2019-02-08 12:06
    チャンネル月額: ¥2,160 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    ニコニコポイントで購入

    当月に発行された記事はチャンネル月額会員限定です。

    次回配信予定
    • 2019/02/17
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「【イベント情報】『ファースト・マン』は後々評価されるが、今は当たらない理由」
    • 2019/02/18
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「『ラ・ラ・ランド』のオープニングはなぜ楽しい?カメラワークを追ってみよう」
    • 2019/02/19
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「原作版『攻殻機動隊』解説:第1話、草薙素子と荒巻のやり取りは、何を示しているのか?」
    • 2019/02/20
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「『メリー・ポピンズ リターンズ』のテーマは、エグいリアリズム!」
    • 2019/02/21
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「21世紀の『ローマの休日』になった、『君の名は。』の「ルック」」
    • 2019/02/22
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「『アナ雪』解説:実は「ダース・ベイダーの誕生」を描いている「Let It Go」の名シーン」
    • 2019/02/26
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「関ジャニ∞の村上くんと、『ユーチューバーが消滅する未来』をどう生き抜くか話してきました」
    • 2019/02/27
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「『ラ・ラ・ランド』OPの交通渋滞は、「人生の渋滞」のメタファー」
    • 2019/03/01
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「これからの世界を生き抜くには、「愚かなスネ夫」ではなく「賢いスネ夫」になれ!」
    • 2019/03/05
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「『ラ・ラ・ランド』OPの自動車はどんな配置になっている?」
    • 2019/03/08
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「『ラ・ラ・ランド』のOPをミニカーとフィギュアでジオラマにしてみたよ」