• このエントリーをはてなブックマークに追加
有料メルマガライブラリから(230)株価は常に嘘をつく
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

有料メルマガライブラリから(230)株価は常に嘘をつく

2017-08-02 20:37
    7694a7fd626516f517c791e71b44914f_s.jpg



     有料メルマガ・石川臨太郎の「生涯パートナー銘柄の研究」の過去配信ライブラリ「銘柄研究」「コラム」のうち、コラムの一部を掲載いたします。
     自立した投資家、石川臨太郎のコンテンツをお楽しみ下さい。
     なお、内容は執筆当時の背景に基づいており、現在の状況と必ずしも一致しないことを予めご了承下さい。


    =コラム「株価は常に嘘をつく」=
     (有料メルマガ第390回・2016/7/19配信号)


    ※注 2016年7月現在の内容ですので留意下さい。


    【前略】


     株価は市場で売買されることで変わります。毎秒のように市場の電光掲示板に表示され変化していきます。

     この動きに一喜一憂してバカな投資行動をとり続けると、アレクサンドル デュマの書いた小説『モンテ・クリスト伯』に出てくるダングラール男爵のように不毛な決断しか残されていない状況に追い詰められる可能性が出てきます。

     モンテ・クリスト伯(=巌窟王)の復讐で飢え死にしかけた瀕死のダングラールが命の次に大事な金を食べ物に交換させられたように、『命を失うか、金を失うか。どちらでも好きな方を選べ』というような、どちらを選んでも不毛すぎる選択しか残されていないような状況に追い込まれないことが重要だと常に考えて、投資行動を行っています。

    【中略】

     株式投資では欲と恐怖に振り回される一握りの投資家がつけた値段(=株価)に騙されないものが、最後に富を得ることができると考えています。

     企業の姿は『その企業が持っているリアルな価値』とは大きく乖離した『株価』というバーチャルで歪んだ数字で証券取引所のボードの上に表示されて投資家の目にとどきます。

     多くの投資家はパソコンの画面に映し出された株価というバーチャルで動き続けている『企業のリアルな価値の影』を追うことで利益を掴もうとしてあがきます。

    【中略】

     しかしこの『企業のリアルな価値』は、投資家のその企業に投資したいという需要(=光)によってマーケットのボードに『バーチャルな影(=株価)』として写しだされます。

     そしてその影(=株価)は、大きく歪んで写し出されることがほとんどです。

     光(=需要)が強ければ大きく、そしていまのように光(=需要)が弱ければ小さく歪みます。


     なぜか。

     それは『株価』というバーチャルな影は、欲と恐怖でいびつに磨かれたミスター・マーケット(=全ての投資家の総意)というプリズムを通過することで大きく歪んでしまうのです。

     その歪みを補正して『企業のリアルな価値』を予想するためには事業内容や資産背景を把握して理解しておくことが重要になると考えて私は努力しています。


    「株式投資は人間の欲望を変数として機能している制度であり、わずかな入力(投資家の欲と恐怖に駆られた投資行動)の変化が劇的な出力(投資の損益)の変化に帰結するものである」ということを常に忘れないようにしています。

     株価の中にはブランド価値というバランス・シートに乗っていないモノによってプラスアルファの値段がつきます。ただバランス・シートに表示されていないので誰にも正確に把握できません。

     いまはブランド価値をゼロ評価しても、バランス・シートで確認できる目に見える資産価値だけから考えても超バーゲン・セールの株価になっている企業がいくらでも見つかります。


     投資していて安心な資産のバリュー株のうち、いまは日本の中で膨大な含み益のある賃貸不動産を持ち、安定収入を上げている企業や、現金性資産を積み上げている内需企業を研究銘柄に取り上げたいと考えて、そのような企業を中心に研究銘柄に選んでいます。できれば配当利回りが3%を超えるものを選ぶようにしたいと努力しています。


    【後略】


    経済的独立ワクワク!サポーター 石川臨太郎


    ★有料メルマガ・石川臨太郎の「生涯パートナー銘柄の研究」を週1回配信しています。石川臨太郎が特定銘柄を挙げて詳細研究する「銘柄研究」が好評です。ご興味がある方はぜひ一度ご購読下さい。


    【リスクオフでも不安なし!低PER低PBR、高自己資本比率、高配当利回りの内需型企業を研究!!】


     本日配信の有料メルマガでは、国内の広範な設備を手がけ、時価総額を超えるキャッシュリッチな、低PER低PBRの高自己資本比率で、配当利回りが3%を超える、業績上方修正も期待できる内需型企業を、研究銘柄として掲載しています。


     また、コラムでは、「この決算内容で株価がこれほど下がるのかと驚くような動きが散見されるようになりました。決算発表前にフライング投資を行うと金銭的にも精神的にも痛手を受けることが多くなってきたので、焦らずに決算発表を待って、更に株価の動きを確認してから投資を実行すべきだと痛感しています。」と題し、いくつかの具体的な銘柄を挙げながら、現在の市場状況を分析し、それに対する戦略に言及しています。


     さらに、最近の研究銘柄とその候補を挙げて、値動き分析や投資戦略を考えているほか、コラム銘柄のフォローを9社行っています。

     金曜日までにご購読の方へは、もれなく最新号を差し上げます。

     ぜひご購読下さい。


    【2016研究銘柄パフォーマンストップ3】

     1月12日~11月22日配信分 全45銘柄 12月16日現在

     1位 エージーピー(9377)+233.33% 3月29日配信
     2位 エージーピー(9377)+213.68% 8月9日配信※
     3位 東京ラヂエーター製造(7235) +117.09% 7月5日配信

     ※この銘柄は2回配信しました。

     パフォーマンス分布
     +100%以上   3銘柄
     +50%~100% 2銘柄
     +25%~50% 14銘柄
     +10%~25% 15銘柄
        0~10%  8銘柄
     0%以下      3銘柄

     42勝3敗となりました。なお、配当・優待は加算しておりません。


    有料メルマガは週1回・火曜日配信です。
    詳細は http://www.iforum.jp/magazine.htm をご参照下さい。

    過去サンプル(研究銘柄)
     銘柄研究 帝国電機製作所(6333)http://okuchika.jugem.jp/?eid=5007
     銘柄研究 わらべや日洋(2918) http://okuchika.jugem.jp/?eid=4234
     銘柄研究 ミライアル(4238)  http://okuchika.jugem.jp/?eid=4244

    過去サンプル(コラム)

     増益修正や増配発表企業の株価が下落するのはチャンス(2017/02/28)
     http://okuchika.net/?eid=6894

     安心できる企業の株でポートフォリオの再構築したい(2017/01/10)
     http://okuchika.net/?eid=6789

     割安企業を選んで分散投資を行えばリバウンド相場で大きく稼げる
     (2016/12/27)
     http://okuchika.net/?eid=6776

     現代の錬金術である株式投資を使って、老後の生活を少しでも豊かにしよう
     とするための心得(2012/11/06)
     http://okuchika.jugem.jp/?eid=4235


    (情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。また、当該情報は執筆時点での取材及び調査に基づいております。配信時点と状況が変化している可能性があります。)


    lowerbanner01.jpg
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。